MIDI動画作りで使っているソフトウェア

MIDI動画作りでは、以下のソフトを使用して作成しています。作者さんに感謝。

  • Open Broadcaster Software
    • ウィンドウをキャプチャします
  • AviUtlと拡張編集Plugin
    • スクリーンキャプチャした動画データに曲名を付けたり、フェードアウトを付けたりと編集します
  • 拡張 x264出力(x264guiEx)
    • AviUtlで編集したデータをh.264にエンコードします
    • 簡易インストーラの解説が非常に詳しいです
    • 簡易インストーラーを使用せず、MP4boxとfdkaacを使ってエンコードしています。
    • –preset slower –profile main –bitrate 215 –pass 3 –stats “%{savfile}.stats” –rc-lookahead 80 –aq-strength 0.2 –psy-rd 0:0 –no-psy –keyint 90 –no-deblock –me esa –subme 11 –ref 3 –colormatrix auto –log-level none
    • コマンドの中で特に重要なのは「–keyint 90 フレーム→キーフレーム間隔の上限」
      • デフォルトの-1ではニコニコ動画で10秒おきにしかシークできない動画が出来るようです
    • 音声ビットレートは192kbpsに設定しています

 

過去に使っていたもの

  • Microsoft Expression Encoder 4
    • スクリーンキャプチャします
    • 1280×720(720p)、5000kbpsでエンコード
      • かなりビットレートが低いですが、最後の出力がx264で215kbpsなので問題ないと考えています。
  • SCFH DSF PLUS
    • スクリーンキャプチャする範囲を自由に編集できます。
    • 複雑なキャプチャをしない場合はExpression Encoder 4だけで作ることもあります
  • DirectShow File Reader プラグイン for AviUtl
    • スクリーンキャプチャしたWMVを読み込むために必要です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。