Roland PCRシリーズ(PCR-800)をWindows 10で動作させる

USB-ACアダプタを利用して動作させる

RolandのMIDIキーボード、PCR-800はUSB-ACアダプタでも動作します。この動作を利用すればデバイスドライバは不要です。おそらく他のPCRシリーズ、PCR-500、PCR300でも同様に動作可能と思われます。

必要なものは以下の通りです。

  • USB-ACアダプタ(スマートフォンなどの充電に使うもの)
  • USBケーブル
  • MIDIケーブル(できればIN,OUTの2本)
  • MIDI出入力のあるオーディオインターフェースなど(PCにMIDI出入力をつける)

PCR-800からのUSBケーブルをUSB-ACアダプタに接続します。POWER SWをUSBにすれば電源がONになります。

つぎに、MIDIケーブルをPCに接続します。PCR-800の本体設定EDIT→SYS→SY08の設定をOFFにして完了です。(PCR-800説明書ページ76ページ参照)

以上の手順でMIDIシーケンサにPCR-800からMIDI信号が送られるはずです。

なお、USB-Aコネクタの2番3番ピンをテープでマスキングして接続したところ、一瞬電源がついてすぐにオフになり、動作しませんでした。Windows 10でドライバが適用できなかった時と同じ状況となります。

デジタル署名チェックを回避してデバイスドライバをインストールする

Roland PCRシリーズにWindows 10対応ドライバはありません。ほかのRoland製品でinfを書き換え、デジタル署名チェックを回避し動作させる方法があることを知り試してみると、動作させることができました。インストール後に通常の再起動しても動作しています。

しかし、セキュリティを考えるとあまりよろしくない方法だと思います。また、セキュアブートになっている場合など、環境によってはうまくいかないかもしれません。

また、Windows 8.1のドライバを使っている性質上、完全に正常に動くとは限りません。注意して行ってください。

作業は2段階あります。

まず最初にPCR-800のWindows 8.1向けドライバーをダウンロードして展開し、RDIF1027.INFの47,48行目を以下のように書き換えます。

[Roland.NTamd64.7]
;; Windows10
%RDID0027DeviceDesc%=RDID0027Install, USB\VID_0582&PID_0033 ; PCR

つぎにWindows 10のドライバー署名チェックを無効化してインストールします。

  1. Shiftキーを押しながら再起動ボタンを押す(もしくはコマンドプロンプト(管理者)を開きshutdown /r /o /t 0を入力)
  2. トラブルシューティング→詳細オプション→スタートアップ設定→再起動と押す
  3. スタートアップ設定画面が出たら、ドライバー署名の強制を無効にするキーボードの「7」キーを押す
  4. デバイスマネージャからPCR→ドライバータブ→ドライバーの更新→コンピュータを参照してドライバーソフトウェアを検索します→書き換えたINFが入っているフォルダを指定
  5. デバイスドライバーがインストールされる
  6. 再起動する(ほかの署名なしドライバーがインストールできないようにするため)

以上で手元の環境ではインストールすることができました。

Roland PCRドライバーを署名回避してインストールしている

Roland PCRドライバーを署名回避してインストールしている

なお、参考にしたサイトさんではWindowsをテストモードにしたり、SmartScreenを無効にしたり、INFのCatalog行をコメントアウトする必要があると書かれていましたが、手元の環境では無効にする必要はありませんでした。

参考サイトさんに感謝

Roland SonicCellをWindows10で使用する方法 – メタスキーマウェブサイト

この手順、メジャーアップデートかかるともう一回やり直す必要があるみたい(笑)

2015年8月8日現在メーカーサイトにWindows10用のドライバが見当たらないので以下の手順でWindows8.1用のドライバをWindows10用だと詐称して無理矢理使用する。

Roland UM-1 を Windows10 (64bit) で利用する方法 | kourin.org管理人ブログ

ただ、64Bit環境では通常は署名のないドライバはインストールできないため、一時的にドライバ署名を不要とする環境で再起動し、ドライバをインストールした後でシステムを通常通り再起動します。

Windows で表示される 「テスト モード」メッセージを無効にする方法

マイクロソフトは、ユーザーが認証証明書を提供しないでもプログラムをテストできるように、Windows にテスト モードを追加しました。

接続されていないMIDI機器の情報を削除する

PCIやUSBに繋がるMIDI機器を、ドライバを入れて最初に接続したポート(スロット)以外に繋ぐと、「2 – 機器名」となります。その際、DAWなどを使用すると、前回と環境が違うので、また設定しなおさないといけません。

元に戻すためには、以前繋いだ接続情報を削除し、ドライバを入れなおす必要があります。Windows 7 32bitで確認しました。

  1. 管理者権限でコマンドプロンプトを開きます
  2. set devmgr_show_nonpresent_devices=1と入力
  3. start devmgmt.mscと入力
  4. デバイスマネージャが開きます
  5. 表示→非表示のデバイスの表示にチェックを入れます
  6. 目的のデバイスをすべて削除します(この場合はPCRを全て削除)
  7. もう一度繋ぎなおします
  8. ドライバが自動でインストールされるはずです

これで、接続機器名が元に戻ったと思います。マザーボードを交換した際に、再インストールが面倒、という場合にも使える方法だと思います。

余談ですが、YAMAHAのUSB MIDIドライバのように、どこのUSBポートに繋いでも、同じデバイス名になるドライバも存在します。何処のポートに繋いだか覚えていなくても良いというのは素晴らしいです。他のメーカーさんのドライバにも普及してくれると嬉しいですね。

参考サイト

JASRAC登録曲をニコニ・コモンズに登録できない場合のまとめ

ニコニ・コモンズは料金の支払なく、JASRAC登録曲のMIDIを公開できるので重宝しています。

しかしながら、一部の登録曲については、ニコニ・コモンズへの登録申請のタイミングによって、却下される場合があるという事が分かりました。

今までに分かった却下される要因をまとめました。

  • JASRACの作品コードが無い場合
  • 権利が未確定な状態の場合

いずれも発売後間もない楽曲の場合に発生します。

また、推測ですが、以下の場合も登録できないはずです。

  • J-WID(作品データベース検索サービス)に存在しない楽曲の場合
  • 権利が確定していても、無信託である場合
  • 管理状況の「配信」欄が別の著作権管理会社である場合

以上のように、複雑な状況となっています。

ニコニ・コモンズについても、ダウンロードは登録者本人であっても、有料のプレミアム会員に限られるなど、利用者側から見ると、あまり使い勝手はよくありません。

動画については、youtube、ニコニコ動画ともに、JASRACと一括で契約しているので、通常の投稿方法となんら違いはありませんが、MIDIの公開となると障壁が存在します。

10年前の個人サイトからの個別の料金徴収が始まった時と比べ、事態は前進していますが、未だに使いにくい所があるのは否めません。

特に問題は無さそうなので、ニコニ・コモンズへの登録が却下された場合のメッセージを引用しておきます。以下のメッセージを受けたのは2011年2月です。

この度は、作品登録申請ありがとうございました。
事務局で作品「***作品名***」を確認させていただいたところ、下記の権利に関係すると思われる内容が含まれておりましたので、ご連絡を差し上げました。

[ご確認いただきたい権利の内容]
楽曲(000-0000-0/作品名)は、現在権利が未処理のため、JASRAC権利が行われましたら再度登録をお願い致します。

お手数をおかけしますが、念のため上記の権利の処理状況について、下記の問い合わせフォームよりご連絡いただきますようお願いいたします。
(記載例)
写っている人物から許可を得ている、作品の権利者(○○会社/○○氏)の許可を得ている、権利処理に漏れがあったので登録を取りやめる、など

また、本件についてご質問等がございましたら、同様に下記の問い合わせフォームよりご連絡をお願い致します。

[問い合わせフォーム]
https://www.niconicommons.jp/inquiry

なお、1週間以内にご連絡が無い場合、登録を却下させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。
また、ご連絡いただいた内容の確認のため、資料の提出等をお願いする場合がありますので、その際はよろしくお願いいたします。

===作品コードがj-WIDに登録されなかったので、そのままにして1週間後====

登録申請をしていただいたあなたの作品「***作品名***」について、権利侵害がないことを確認できませんでしたので申請を却下させていただきました。大変申し訳ございませんがご了承いただけますようお願いいたします。

SC-8820をACアダプタでのみ動作させる

前回、SC-8820はACアダプタで動作させる方がノイズが少ない、という事を紹介しました。しかし、ACアダプタを抜いたまま忘れ、USBバスパワー動作させていることがあります。

そこで、SC-8850USBノイズ対策を参考に、見た目を重視で内部ピンヘッダの5Vを繋がないという方法をとってみました。

使ったUSBブラケットは、100円でワゴンにあったピンヘッダ部分がバラバラのタイプを使う部分だけ両面テープで固定し、使用しました。

ただし、バラバラのタイプは誤って接続すると、接続先の機器が故障したり燃えたりする恐れがありますので、マニュアルのピンアサインをよく読んで慎重に接続します。接続後はテスタで確認してやると良いと思います。

普通に固まっているタイプは、マイナスドライバーで赤い線を外し、先の端子をテープ等で絶縁してやればよいと思います。

SC-8820ノイズ対策、ピンヘッダ

副作用としては、USBを使うメモリ、キーボード、マウス、カードリーダーなど、USBバスパワーを使う機器全てがこのポートからは使用できなくなります。

また、ACアダプタで動作する機器でも一部動かない、認識しない機器もあるようです。

ノートPCでは、USBケーブルを切断するしか方法がありませんが、デスクトップではこの方法が元に戻すことも出来るので良いと思います。

SC-8820はACアダプタから電源を取るとノイズが減る

SC-8820はUSBバスパワーで動作するMIDI音源です。

しかし、バスパワーで動作させると、S/N比が低下し、ノイズが増えるようです。

実際にWaveSpectraでノイズレベルを見てみました。詳しくは画像をご覧ください。

検証環境

  • オーディオカード E-MU 0404 PCI
  • 0404 PCI側の設定はPatch MIXでデフォルト0dbに設定
  • SC-8820のボリュームは最大。(右に振り切った状態)
  • SC-8820はACアダプタ動作時もUSBケーブルを接続

結論はタイトル通りACアダプタから電源を取るとノイズが減ります。

ちなみに、以下の条件でも、ノイズが増えることはありませんでした。

  • ACアダプタ+MIDIケーブルで動作させた時
  • ACアダプタで動作時、USBケーブルを外す

WaveSpectraで見たSC-8820のノイズ

コントローラー・ディスティネーション・セッティングについて その2

前回の記事で、使用できるコントローラを一通り上げましたが、実際の使用法を見てみないと分かりにくいと思います。

そこで、今まで作ったデータから、どのように使用されているか解説みたいなものをつけてみます。

Dark Chronicle より Peace of the world

このデータでは2点、コントローラで操作しています。

  1. ギターのチョーキング
  2. ギターの音量

1つ目、ギターのチョーキングです。

本来、ギターのチョーキングを表現しようと思うと、ピッチベンドを使って表現します。しかし、ピッチベンドを使用すると、そのパートで鳴っている音、全てのピッチが変化してしまいます。

そこで、ポリフォニックアフタータッチを使用します。

ポリフォニックアフタータッチは、ノートナンバー(音の高さ)ごとに効果を調整できるため、同じパートに複数の音が存在しても、1つの音だけに効果をかけることができます。

例では、ポリフォニックアフタータッチが127の場合に2半音下がるように設定しています。

*** PAf PITCH CONTROL -2
0xF0 0x41 0x10 0x42 0x12 0x40 0x21 0x30 0x3E 0x31 0xF7

2つ目、ギターの音量です。

これは、単純にこのデータが他のデータに対して、音量が非常に小さくなるのでどうにかしよう、ということです。

このデータの場合は、チャンネルアフタータッチが127の時、音量を100%増加させるように設定しています。

ベロシティ127、ボリューム127の場合でも、他の音や曲に対して、音量が負けている場合に使用するとよいです。

ただし、MU系の音源の場合は、音量が増加する代わりに、CC7のボリュームが上手く効かなくなります。ご注意を。

*** CAf AMPLITUDE CONTROL +63
0xF0 0x41 0x10 0x42 0x12 0x40 0x21 0x22 0x7F 0x7E 0xF7

Romancing SaGa -Minstrel Song- より 神々への挑戦-四天王バトル-

このデータではラッパ(トランペット)の音をモジュレーションで表現するために4点を操作しています。

  1. ラッパのビブラートの深さ
  2. ラッパのトレモロ
  3. ラッパのカットオフフィルター
  4. ラッパの音量

1つ目、ビブラートの深さは、単純にピッチの揺れを大きくしています。このパラメータは音源のパネルからも操作できます。

このデータの場合はモジュレーションが127の場合、+12揺れるように設定しています。

*** MW LFO PMOD DEPTH +12
0xF0 0x43 0x10 0x4C 0x08 0x01 0x20 0x0C 0xF7

2つ目、ラッパのトレモロ(音量の周期的な揺れ)です。ビブラートに合わせて音量少し揺らすことによって、単調なビブラートにならないよう工夫しています。

このデータの場合は、モジュレーションが127の場合、+16揺れるように設定しています。

*** MW LFO AMOD DEPTH +16
0xF0 0x43 0x10 0x4C 0x08 0x01 0x22 0x10 0xF7

3つ目、ラッパのカットオフフィルター(音の明るさ)です。ビブラートがかかっているときは、音を少し柔らかくするようにしています。

このデータの場合は、モジュレーションが127の場合、初期設定のカットオフフィルター(CC74)から-16するように設定しています。

*** MW LOW PASS FILTER CONTROL -16
0xF0 0x43 0x10 0x4C 0x08 0x01 0x1E 0x30 0xF7

4つ目、ラッパの音量です。これはビブラートがかかっているときの音量が、小さくなるのでその対策です。

このデータの場合は、モジュレーションが127の場合、+12するように設定しています。

*** MW AMPLITUDE CONTROL +12
0xF0 0x43 0x10 0x4C 0x08 0x01 0x1F 0x4C 0xF7

このようにすると、今まで、モジュレーション、エクスプレッション、カットオフ、ピッチベンドを、それぞれ同時に動かさなければならなかったのが、モジュレーション1つで済むようになるので、データの打ち込みも早くなります。

このほかにも、いろいろな使い方ができると思います。創意工夫が試されるところですね。

コントローラー・ディスティネーション・セッティングについて

Roland SC、YAMAHA MUなどのmidi音源には、各種コントロールチェンジに対する効果を設定できるパラメータがあります。

上手に使うことによって、カットオフやエクスプレッションを大量に入れる必要がなくなり、作業時間が短縮できる上に、非常に見やすいデータとなります。

各社、この機能の呼び方が違うのですが、この記事ではGM2の仕様書に従い、「コントローラー・ディスティネーション・セッティング」と呼ぶ事にします。

ここでは、使用できるパラメータを挙げていきます。具体的な使い方はコントローラー・ディスティネーション・セッティングについて その2をご覧ください。

操作できるコントロールチェンジ

モジュレーション(Modulation,Mod)

その名の通り、音を変調させるパラメータです。初期値ではビブラートがかかるため、多くの方はビブラートとして使用しているようです。

midiキーボードのモジュレーションレバーを動かすと、このメッセージが出力されます。

ピッチベンド(Pitch Bend,Bnd)

ピッチベンドは音程を連続的に変化させるパラメータです。初期値では、音程(ピッチ)が変化します。

midiキーボードのピッチベンドレバーを動かすと、このメッセージが出力されます。

チャンネルアフタータッチ(Caf)

midiキーボードの鍵盤を押した後、さらに強く押しこむことで、このメッセージが出力されます。タッチトーンと呼ばれる事もあるようです。このパラメータは、初期値は何も設定されていません。

効果は同じチャンネルで発音されている全ての音に適用されます。

ポリフォニックアフタータッチ(Paf)

midiキーボードの鍵盤を押した後、さらに強く押しこむことで、このメッセージが出力されます。タッチトーンと呼ばれる事もあるようで す。このパラメータは、初期値は何も設定されていません。チャンネルアフタータッチと同じです。

チャンネルアフタータッチと違うところは、効果は鍵盤ごとにかかります。ド、ミ、ソでミだけ押し込んだ場合は、ミだけ効果がかかることになります。

アサイナブルコントローラ(CC1,CC2,AC1,AC2)

初期状態では、コントロールチェンジのナンバーが16と17と割り当てられているだけで、このパラメータは、初期値は何も設定されていません。

インサーション(バリエーション)エフェクトなどを変化させる場合に使うことが多いようですが、エフェクトなしでも使用することができます。

コントロールチェンジの95番までなら何にでも割り当てることができるので、エクスプレッションなどに割り当てることも出来ます。

割り当てられる効果

PITCH CONTROL

名前の通り、ピッチの変化幅を指定します。-24から+24まで設定できます。Pitch Bendは初期値として+2(66)が設定されています。その他の初期値は0です。

ギターの打ち込みなどでピッチベンドの幅を変えた方は多いのではないでしょうか。

LOW PASS FILTER CONTROL (TVF CUTOFF CONTROL)

カットオフ周波数を指定します。CC#74と言えば馴染みの方も多いのではないかと思います。初期値は0です。

Modulationにマイナス方向を割り当てて、ピッチを揺らすと、音を丸くするというように使うと、管楽器の打ち込みが楽になります。

AMPLITUDE CONTROL

音量を指定します。アフタータッチに割り当てると、エレクトーンのように押し込むと音量を大きくすることができます。

どうしても音量が稼げない音がある場合は、最初から全開にしておくと、2倍程度まで音量を大きくできる、という裏技的な使い方もあります。

LFO RATE CONTROL (Roland SCのみ)

変調の周波数を指定します。ビブラートレイトVibrato Rateと言うと分かりやすいと思います。

このパラメータはRoland SCシリーズにしかありません。YAMAHA MUシリーズはVibrato Rateの値に従って変調の周波数が指定されます。

LFO PMOD DEPTH (PITCH DEPTH)

変調の中でも、音程の揺れ幅を指定します。モジュレーションのみ初期値が10、その他の初期値は0です。

LFO FMOD DEPTH (TVF DEPTH)

音の明るさの変調幅を指定します。上手く使うと、グロウル、ワウ効果を出すことができます。

LFO AMOD DEPTH (TVA DEPTH)

音の音量の変調幅を指定することができます。いわゆるトレモロです。

モジュレーションに薄くかけてみると、管楽器のビブラートの機械っぽさが軽減されます。

YAMAHA MUシリーズでは、Amplitude Controlを+方向にするとその音量が適用され、効果が分かりにくくなるようです。

LFO2~ Roland SCシリーズのみ

Roland SCシリーズでは、変調機を2つ使うことができます。トレモロの変調とビブラートの変調を別々に使用したい場合などに使えると思います。

Cherry定義ファイル用 Roland SC用

以下をCherry定義ファイルに追加すると使いやすくなると思います。

----------------ここから--------------
[182]
name=Part Pram
dispname=Part Pram
value=
gate_name=Part Parameter Number
data=0xF0 0x41 0x10 0x42 0x12 [ 0x40 _2RCH _P2 _P1 ] 0xF7
----------------ここまで--------------
Gate_number=効果
0=MOD PITCH
1=MOD Cutoff
2=MOD AMPLITUDE
3=MOD LFO1 Rate
4=MOD LFO1 PITCH
5=MOD LFO1 TVF
6=MOD LFO1 TVA
7=MOD LFO2 Rate
8=MOD LFO2 PITCH
9=MOD LFO2 TVF
10=MOD LFO2 TVA
16=BEND PITCH
17=BEND TVF Cutooff
18=BEND Amplitude
19=BEND LFO1 Rate
20=BEND LFO1 PITCH
21=BEND LFO1 TVF
22=BEND LFO1 TVA
23=BEND LFO2 Rate
24=BEND LFO2 PITCH
25=BEND LFO2 TVF
26=BEND LFO2 TVA
32=CAf PITCH
33=CAf TVF Cutooff
34=CAf Amplitude
35=CAf LFO1 Rate
36=CAf LFO1 PITCH
37=CAf LFO1 TVF
38=CAf LFO1 TVA
39=CAf LFO2 Rate
40=CAf LFO2 PITCH
41=CAf LFO2 TVF
42=CAf LFO2 TVA
48=PAf PITCH
49=PAf TVF Cutooff
50=PAf Amplitude
51=PAf LFO1 Rate
52=PAf LFO1 PITCH
53=PAf LFO1 TVF
54=PAf LFO1 TVA
55=PAf LFO2 Rate
56=PAf LFO2 PITCH
57=PAf LFO2 TVF
58=PAf LFO2 TVA
64=CC1 PITCH
65=CC1 TVF Cutooff
66=CC1 Amplitude
67=CC1 LFO1 Rate
68=CC1 LFO1 PITCH
69=CC1 LFO1 TVF
70=CC1 LFO1 TVA
71=CC1 LFO2 Rate
72=CC1 LFO2 PITCH
73=CC1 LFO2 TVF
74=CC1 LFO2 TVA
80=CC2 PITCH
81=CC2 TVF Cutooff
82=CC2 Amplitude
83=CC2 LFO1 Rate
84=CC2 LFO1 PITCH
85=CC2 LFO1 TVF
86=CC2 LFO1 TVA
87=CC2 LFO2 Rate
88=CC2 LFO2 PITCH
89=CC2 LFO2 TVF
90=CC2 LFO2 TVA