FlashPlayerがランタイムエラーを出して、アンインストールもインストールも出来ない場合はIME2010から標準IMEに変更する

私用のPCでなかったのでスクリーンショットが撮れませんでしたが、以下のエラーでAdobe Flash Playerがアップデート(インストール、アンインストールも含めて)できない不具合に遭遇しました。OSはWindows Vistaです。更新してください、的な通知までは問題なく動作していました。

Runtime Error! Program : C:\xxxxxxxx(ここは実行場所によって変化) R6025 -pure virtual function call

Adobe Flash Player プラグイン 11.3.300.262 – 脳脂肪のパクリメモ

検索してみると、IME2010との相性の悪さが原因のようです。

その時の手順が少しわかりにくかったので、画像付きでメモしておきます。Windows 7での画像になりますが、Vistaでも見た目以外は同じ手順です。

  1. IMEのバーを右クリック→設定をクリック
  2. 既定の言語にMicrosoft IMEない場合は追加をクリック(ある場合は5へ)
  3. 入力言語の追加が表示されます
  4. 一番下に日本語があるので、展開してMicrosoft IMEにチェックを入れOKをクリック
  5. 既定の言語にMicrosoft IMEが表示されるのでクリックし、OKをクリックする。

以上の手順で標準のIMEに戻すことが出来ました。

その後はログオフ→ログオンで通知が来てアップデートすることが出来ると思います。

通知が来ない場合でも、いずれ来るはずですが、早急にアップデートしたい場合は再インストールすると良いと思います。

余談ですが、以下のようにコマンドを使う方法もありますが、太字部分のファイル名がバージョンによって変わっていてちょっと面倒なので、普通に再インストールをおススメします。

コマンド例:


C:\Windows\system32\Macromed\Flash\FlashUtil32_11_3_300_265_Plugin.exe -update plugin
C:\Windows\system32\Macromed\Flash\FlashUtil32_11_3_300_265_ActiveX.exe -update activex
 

参考:メモ:Adobe Flash Playerをコマンドラインを使用してアップデート-迷子の迷子のゲィムスキー

広告

IME2010はSharePoint Designer 2010に無料で同梱されている

実はSharePoint DesignerにはMicrosoft Office IME 2007が付属していて、合法的に無料でVista標準のものより高機能なIMEが手に入るということで、私は既にインストールしてありました。
無料で使えるHTMLエディタ SharePoint Designer – Tari Lari Run

今までIME2010を使うためにはOfficeの購入が必須と思っていたのですが、上記の通り、無料でMicrosoftよりダウンロードできるSharePoint Designer 2010に同梱されています。(64bit版)

約350MBのファイルはダウンロードしなければいけませんが、インストール時にカスタムを選び、IME2010のみインストールさせることも可能なようです。

Windows標準のIMEとIME2010の違いについては、Microsoftに詳しく解説しているページがあります。

Microsoft Windowsに組み込まれているIMEと、Microsoft Officeに含まれているIMEとは、ちょうど、ワードパッドとMicrosoft OfficeのWord、Outlook ExpressとMicrosoft OfficeのOutlookのように、「ほぼ同じ機能があるけれど、こまかい機能が違う」という関係にあります。
Microsoft IME – WindowsとOffice、バージョンによる違いと使い分けについて

IME2007は変換は重いし散々でしたが、IME2010は他のユーザーさんの評判もそこそこ良いようです。

実際、Windows7+Office2007にIME2010を導入した環境はすこぶる快適で。Office2010を買わない人はIMEだけでも最新にした方がいいな…なんて思うのです。
最新IMEで武装せよ2…「そんなIMEで大丈夫か?」「一番いいのを頼む」

また、Windows XP SP3でも、この方法でIME2010が使えます。Microsoftからダウンロードできるので、おそらくライセンス的にも問題ないものと思われます。

標準のIMEを使い続けている方には、いろいろな人名等が普通に変換できるようになっていたりするのでおススメです。

2012/07/16より、既存のMicrosoft Office XP以降のライセンスを持っている方向けに、IME2010が無料でダウンロードできるようになったようです。

マイクロソフト公式ダウンロード センターから Microsoft Office IME 2010 をダウンロード

以前のバージョンの Microsoft Office(Office XP, Office 2003, Office 2007, Office 2010)をお使いのお客様に、より快適に文字入力をしていただくために、IME 2010 を単独で提供しています。