Google Chromeに統合されているFlash Playerがなかなかアップデートされない時はchrome://components/を使う

この記事は再現性が取れていませんので、誤っている可能性が大いにあります。なぜだかよく分からないですが、手動でアップデート出来た、ということを書いています。環境によっては、通常通り自動でアップデートされているでしょうし、以下の方法が上手くいかない可能性も大いにあります。

Google Chromeに統合されているFlash Playerがなかなかアップデートされない時は、アドレスバーに「chrome://components/」と打ち込み、pepper_flashの「アップデートを確認」を押します。

「アップデートを確認」を押すとボタンが押せなくなる以外に何も反応が無くなりますが、手元の2つの環境では、数分から20分ぐらいそのまま放置していると更新が完了していました。

参考

Chrome Releases: Flash Player Updateのコメント欄


以下はよく分からない所を書いていきます。

chrome://components 実際にインストールされているpepper_flashのバージョンは表示とは違い14.0.0.125

chrome://components 実際にインストールされているpepper_flashのバージョンは表示とは違い14.0.0.125

アップデートが完了した時の表示

アップデートが完了した時の表示

2014年7月9日のアップデート前、Windows 7 64bit、32bitの二つの環境ともに、表示されているバージョンは誤表記と思われる11.9.900.117でした。

Adobe – Flash Playerのバージョンテスト、およびchrome://pluginsで表示される、実際動いていると思われるバージョンは、14.0.0.125でした。アップデート後は表示も実際使われているバージョンも14.0.0.145となりました。

2014年7月9日のFlashPlayerのアップデートは、Google Chrome自体の更新は無く、統合されているFlash Playerのアップデートは「コンポーネントアップデートシステム」を通じて行われているため、普段とは違い、「chrome://help/」から強制的に更新できないようです。今回の場合は2日近くアップデートされなかったので、手動でアップデートする方法を探しました。

FlashPlayerがランタイムエラーを出して、アンインストールもインストールも出来ない場合はIME2010から標準IMEに変更する

私用のPCでなかったのでスクリーンショットが撮れませんでしたが、以下のエラーでAdobe Flash Playerがアップデート(インストール、アンインストールも含めて)できない不具合に遭遇しました。OSはWindows Vistaです。更新してください、的な通知までは問題なく動作していました。

Runtime Error! Program : C:\xxxxxxxx(ここは実行場所によって変化) R6025 -pure virtual function call

Adobe Flash Player プラグイン 11.3.300.262 – 脳脂肪のパクリメモ

検索してみると、IME2010との相性の悪さが原因のようです。

その時の手順が少しわかりにくかったので、画像付きでメモしておきます。Windows 7での画像になりますが、Vistaでも見た目以外は同じ手順です。

  1. IMEのバーを右クリック→設定をクリック
  2. 既定の言語にMicrosoft IMEない場合は追加をクリック(ある場合は5へ)
  3. 入力言語の追加が表示されます
  4. 一番下に日本語があるので、展開してMicrosoft IMEにチェックを入れOKをクリック
  5. 既定の言語にMicrosoft IMEが表示されるのでクリックし、OKをクリックする。

以上の手順で標準のIMEに戻すことが出来ました。

その後はログオフ→ログオンで通知が来てアップデートすることが出来ると思います。

通知が来ない場合でも、いずれ来るはずですが、早急にアップデートしたい場合は再インストールすると良いと思います。

余談ですが、以下のようにコマンドを使う方法もありますが、太字部分のファイル名がバージョンによって変わっていてちょっと面倒なので、普通に再インストールをおススメします。

コマンド例:


C:\Windows\system32\Macromed\Flash\FlashUtil32_11_3_300_265_Plugin.exe -update plugin
C:\Windows\system32\Macromed\Flash\FlashUtil32_11_3_300_265_ActiveX.exe -update activex
 

参考:メモ:Adobe Flash Playerをコマンドラインを使用してアップデート-迷子の迷子のゲィムスキー