液晶パネルのムラの原因が導光板と反射シートの接着面にあった例

注意書き

  • 完全な状態には絶対に戻りませんので、新しいモニターを買ってくる方が確実に楽で安全です。
  • 液晶モニターの分解は、高電圧部分があり危険です。
  • 分解にともなってわずかでもホコリが侵入すると、ホコリの影が映るようになります。
  • 目視で明らかに分かるムラは必ず残ります。

IO-DATAのSXGA液晶モニタLCD-AD172Cに使われている日立IPSパネル(TX43D14VC0CAB)は、経年により、表示ムラが起こってしまうようです。原因は、導光板と反射シートの接着面が部分的に「はがれる」ことによるもののようです。

http://www.long-life.jp/ledlightpanel/ 導光板(LED導光パネル)について | 導光板のパイオニア 明拓工業株式会社

バックライト – Wikipedia

lcd-ad172c-3

導光板と反射シートの接着面。空気が入っている部分がある

そこで、モニタを分解し、接着面をイソプロピルアルコールで洗浄し、接着しなおさず元通り組みなおすと、ムラが大幅に軽減されました。余談ですが、反射シートをはがすときに、体に悪そうな臭いがします。

lcd-ad172c-2

接着面に対応したムラがある表示

lcd-ad172c

反射シートをはがし、接着両面をアルコールで丁寧に拭いたあとの表示

同一のパネルを採用しているNANAOのFlexScan L567でも同様の表示ムラが起こるようです。

FlexScan L567 整備その1 http://sardinestar.web.fc2.com/pdf/FlexScanL567.pdf (PDF)

アクリル板の裏に粘着性のシート が貼ってあります。最初に分解し た時、このシートとアクリル板の 間に気泡がありその影響でムラが 発生していたようです。

液晶パネルのドット抜けは基準が決められている

液晶パネルに発生するドット抜けは全ピクセルの何パーセントが抜け、もしくは輝点になっているかで、良品かどうかが決められています。

例えば、NEC LaVie Hybrid FristaのフルHDパネル(1920×1080ドット)で、LCDドット抜け割合0.00013%以下と書かれている場合は、9個以上あると不良品ということになります。計算とカウントはRGB三原色のサブピクセルも含めて行います。

1920*1080*3*0.0000013=8.08704 (8個以下)

実際にこの場合において、基準より少ない7つほどのドット抜けを見つけて連絡したところ、修理に製品を送付するようお返事をいただきました。その結果、液晶パネルの故障ではないが交換となりました。(社内の基準に合致していなかったそうです)

あまりにもドット抜けが目立つ、多い場合は、基準値より少なくても一度修理に連絡して確認してみると良いかもしれません。修理に出す際は、画面のだいたいどの部分でどの色が抜けているのかを書いておくと良いようです。

また、余談ですが、NECさんのフルフラットパネルと呼ばれる筐体と液晶パネルの間に段差のないモデルの場合、微細なゴミが入っていることがあるのは仕様であるとの回答でした。

左上赤色ドット抜けの例。

左上赤色ドット抜けの例。

参考

ドット抜けについて : ビジネスPC | コンピュータプラットフォーム | NEC

PCのカタログなどで解像度を表す場合に使用されている「ドット」とは、画素(ピクセル)の事を指しています。

ドット抜けを計算する際に使用する「ドット」とは、ISOの基準(ISO13406-2)に従って副画素(サブピクセル)が使用されます。

1画素(ピクセル)は3副画素(サブピクセル)で構成されています

パソコン用液晶ディスプレイのドット抜けに関する定量的ガイドライン (PDF)

JEITA 一般社団法人電子情報技術産業協会より

液晶ディスプレイテスト for Javascript

PCで4Kモニタを60pで使うためのメモ

2014年8月現在、素晴らしく情報がまとまったページが複数あります。この記事よりも下記のページをご覧いただくことをおススメします。

以下は2013年12月に調べて書いた古い情報です。


4k(3,840×2,160ドット)モニタをPCで通常使用される60p(60フレーム)で使用したい場合のメモです。30pで転送する場合は現行のHDMI 1.4や後述するNVIDIA製GPUでも対応しているので、接続は問題にならないと思いますが、動きがなめらかでなくなるので動画を見るには向かないという欠点があります。

Displayport 1.2では3,840×2,160 60pに物理的に対応しています。しかし現状の内部的には、スケーラーが対応しておらず1,920×2,160 60pの映像を2つ束ねてモニタに転送しているようです。

スケーリングのためか、Displayport 1.2に対応していればどのGPUでも大丈夫なのかというとそうではないようで、Mosaic機能に対応していないNVIDIA製のGPUでは、ドライバソフトの仕様制約により60pでの動作は出来ないようです。

60pでの動作は、NVIDIA GeforceではGeForce 326.41 Driver以降のドライバを使用する必要があります。AMD製のGPUでは動作するようです。Intel 第4世代Coreシリーズ(Haswell)の内蔵GPUも4k対応しています。とのことですが、実際の動作検証は見つかりませんでした。

HDMI 2.0は2013年9月に発表された規格で、4k 60pに対応しています。ただし、PCで使う場合は8bit 4:4:4 60pでの転送になるので、18Gbps対応にする必要がありそうです。同じHDMI 2.0でも18Gbpsと10.2Gbps対応の二つがあり複雑と感じます。

4kモニタを60pで使用する場合のハードウェア側の対応はまだまだ十分とは言えないことが分かりました。

来たるべき4K時代にGPUは対応できるのか。マルチGPU構成でチェックする,GeForceとRadeonの「4K対応度」 – 4Gamer.net

こうすれば,スケーラーが担当するストリームを1920×2160ドット,垂直リフレッシュレート60Hzに抑えられるので,4K解像度の垂直リフレッシュレート60Hzに対応していないスケーラーでも,最終的に4Kの表示が行えるという理屈だ。

Drivers | GeForce

  • 4K Displays
    • Adds support for additional tiled 4K displays
    • Extended support for tiled 4K features

IGZOが開けるディスプレイの新たな扉 西川善司が最新4K2Kディスプレイをレポート

なお、3860×2160ドットの60Hzの映像伝送は、ドライバソフトの仕様制約により、AMD系GPUの方は動作できているが、NVIDIA系GPUはMosaic機能を有するQuadro K5000でしか現状は利用ができない(2012年12月時点)

ユーザーサポート 検証済みビデオボード PN-K321|インフォメーションディスプレイ:シャープ

AMDがGPUを積極アピール、クライシス3のイベントで

Radeon HD 7970のCrossFire環境とシャープ PN-K321を接続した実演

【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】 次世代CPU「Haswell」の2倍強力なGPUコア

Haswellのビデオエンジン拡張の目玉は4K解像度への対応で、3,840×2,160ドット60HzでのDisplayPort 1.2出力か、4,096×2,304ドット/24HzでのHDMI出力に対応する。

【本田雅一のAVTrends】HDMI 2.0発表。4K/60p伝送の幕開けと少し気になる点 – AV Watch

対応帯域による4K 60p伝送の差
帯域 対応色深度/信号
18Gbps 12bit 4:2:2 or
8bit 4:4:4
10.2Gbps 8bit 4:2:0

“緑のカード”をたたき壊せ!!:最新GPU「AMD Radeon R9/R7」シリーズ特徴まとめ (3/3) – ITmedia PC USER
そこで、現在ディスプレイインタフェースなどの標準化団体であるVESA(Video Electronics Standards Association)では、ディスプレイの識別情報であるVESA Display IDをv1.3に拡張し、4Kディスプレイのタイル表示を自動的に行なえるように進めている。

【レビュー】10万円で登場した23.8型4K液晶、デル「UP2414Q」を試す – PC Watch
今回の4K解像度の出力に当たっては、Intelの「NUC Kit D54250WYK」を借用して試している。

Dell UltraSharp 24モニター ユーザーガイド(PDF)
最大解像度 3840×2160、60Hz DP1.2*
3840×2160、30Hz HDMI
* 60 Hzで3840 x 2160を表示するには、DP1.2を有効にする必要があります。また、DP
ソースのグラフィックカードはMST機能でDP1.2に認証されており、60 Hzで最大
3840 x 2160 の解像度をサポートし、ドライバがDisplayID v1.3をサポートしている
必要があります。

Dell UltraSharp 24 Monitor | UP2414Q with PremierColor
Optimal resolution:
3840 x 2160 at 60 Hz (DP1.2*)
3840 x 2160 at 30 Hz HDMI
In order to display the 3840 x 2160 native resolution, please ensure the graphic card and its drivers used on the PC/Laptop is capable of supporting resolutions up to 3840 x 2160 at 60Hz via DisplayPort connectivity.

REGZA Z3の汎用USB端子はexFATが読める

REGZA Zシリーズには、録画専用のUSB端子とUSBキーボードなどを繋ぐ汎用端子があります。

その汎用端子にexFATでフォーマットしたUSBメモリを差し込んだところ、MPEG2-TSの動画、JPEGの写真、MP3の音声ファイルを再生することが出来ました。

また、exFATでフォーマットしたSDカードも同様に、動画、写真、音声を再生することが出来ました。こちらはSDXC対応が明記されていますので、仕様通りの動作です。

写真再生の際、「対象フォルダが見つかりません」と表示された場合は、黄色ボタンを押して「表示モード」を切り替えると、再生、表示することができます。

対象のフォルダが見つかりません

情報元

TS再生をREGZAのSMB共有で楽しむスレ Part9

174 :名無しさん@編集中:2012/02/19(日) 01:46:41.59 ID:RSjkDUo7
Z2だとexFATの外付けHDDだけを繋げれば4GBの制限なくTS再生出来るし、
サーバーになるPC等の同時起動も必要無かったから、
LANHDDに対応しなくても別に困らなかったけど、
機能追加は素直に嬉しい。使わない機能かもしれないけど‥

REGZA Z3のLANハードディスク再生はWindows 7だと機器の登録ができない件を検証

結論から書くと、やはりWindows XPやLinux(Ubuntu)などで、一度偽装して機器の登録する必要があります。登録後の動作をいろいろと検証してみた結果を書いていきます。

通常の共有が出来ているのならば、各種設定は一切関係が無く、原因はWindows7、Windows Server 2008R2から、 “Remote Administration Protocol (RAP)” をサポートしなくなったためと思われます。

LAN Manager認証レベル

  1. ローカル セキュリティ設定
  2. セキュリティの設定
  3. ローカルポリシー
  4. セキュリティオプション
  5. ネットワークアクセス:ローカルアカウントの共有とセキュリティモデルのプロパティ
  6. LAN Manager認証レベルで表示されます。

LTNMv2応答のみ送信 (LMを拒否する)

  • LTNMv2応答のみ送信 (LMを拒否する)→つながる
  • LTNMv2応答のみ送信 (LMとNTLMを拒否する)→つながらない

検索でヒットしたサイトには、LMとNTLM応答を送信するにしなければならない、と書かれている事が多いですが、LTNMv2応答のみ送信 (LMとNTLMを拒否する)以外はすべてつながるという結果になりました。

アクセス権

NTFSのアクセス許可共有のアクセス許可

  • NTFSアクセス権を読み取り/書き取りに設定
  • 共有のアクセス許可を変更/読み取りに設定

他の権限は不要でした。Z1など、録画もできる機種だと、必要な設定が違うかもしれません。

REGZA側でユーザ名とパスワードを”指定しない”場合

Guestユーザー有効無効

  • Guestアカウント有効
  • パスワード保護の共有無効
  • アクセス権を確認

以上の設定で接続することが出来ました。

REGZA側でユーザー名とパスワードを”指定する”場合

ローカルセキュリティ設定

  • Windows XPの場合、Guestアカウント無効、簡易共有無効
  • Windows 7の場合、パスワード保護の共有を有効
  • アクセス権を確認
  1. ローカル セキュリティ設定
  2. セキュリティの設定
  3. ローカルポリシー
  4. セキュリティオプション
  5. ネットワークアクセス:ローカルアカウントの共有とセキュリティモデルのプロパティ
  6. クラシック – ローカルユーザーとして認証する

以上の設定をし、REGZA側で機器検索の際にユーザー名とパスワードを入力すれば接続することが出来ました。

また、ファイルをアクセスする際にも、ユーザー名とパスワードを入力する必要があります。

関係なかった設定

  • ホームグループ
  • ファイル共有の接続(128bit暗号化でもOK)
  • レジストリ(何も弄らなくてもOK)
  • SMB1に設定
  • パブリックフォルダーの共有(無効にするでもOK)

以上の設定は無効、有効などどちらでも接続できる、もしくはデフォルトのままで接続することが出来ました。

他調べた事

net session \\192.168.0.10 の結果

ユーザー名 REGZA
コンピュータ Z1000
ゲスト ログオン No
クライアント タイプ Unix
セッション時間 00:12:38
アイドル時間 00:12:20
ユーザー名 REGZA
コンピュータ 192.168.0.10
ゲスト ログオン No
クライアント タイプ Linux version 2.6.32.41-ce4tsb-20110930
セッション時間 00:12:33
アイドル時間 00:12:28

2つ接続に来ているようです。ちなみに、Z1000の方がDNSに上手く登録されないらしく、Windows 7からコンピューターの管理→共有フォルダ→セッションと開くと、応答なし→復帰を繰り返します。

LMHOSTSをに書き込んでみてもダメだったので解決策は不明です。

まとめ

やはりDLNAを使うのが簡単です。ただし、WMP12のDLNAは再生出来なかったり、SD画質(720×480)にダウンコンバートされたりと、使い勝手がよくありません。しかし、一番簡単な方法です。

画質面が気になり、かつ面倒事を嫌うのなら、XP(Vistaも出来るらしい)の共有を使うのが一番簡単で確実だと感じました。

参考サイトさん

Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、または Windows Server 2008 R2 の [コンピュータの管理] ツールから、[共有フォルダ] の [セッション] 情報を参照すると応答なしの状態になる場合がある

Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、および Windows Server 2008 R2 (DNS クライアント) が参照する DNS サーバー側で、逆引きゾーンが設定されておらず、逆引きクエリーに対する DNS サーバーからの応答 (Server Failure のエラー) が遅延する場合には、MMC は名前解決の応答待ちとなるため、操作ができずに応答なしの状態となります。また、DNS サーバーからの Server Failure エラーは、DNS クライアントにキャッシュされないため、[セッション] 情報を更新する度に DNS 逆引き解決を試みて、本現象が発生します。

Windows 7/VistaクライアントでSMB2を無効にするのは無意味: 私家版 ITプロフェッショナルの仕事術

HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parametersの下に「smb2」というキーを追加して0(ゼロ)を入力する。その後Serverサービスを再起動する。

REGZAからWin7への接続成功: 山田新聞録

Windows7とREGZAの共有【64bit環境編】 | デジ備忘

Ubuntuを使ったLANハードディスクの機器登録の方法。Windows XPでもほぼ同様の方法で可。

TS再生をREGZAのSMB共有で楽しむスレ Part9

360 :名無しさん@編集中:2012/03/29(木) 21:21:39.22 ID:1ubIJrKu
マスタブラウザとかは別に関係ないよ
ZP2でパケットキャプチャしてみたけど、これと同じ状態だった
ttp://social.technet.microsoft.com/Forums/en/w7itpronetworking/thread/c935bca7-9d4d-4bc6-8d1b-c0c882a649b0

結局REGZAは、PC内の共有の一覧を取得するときにWin7でサポートが切られた
古いプロトコルを使っていて、結果としてWin7マシンの共有フォルダが取得できない

でもそれ以外は問題なさそうだから、Vista以前のマシンやsambaを使って、
「\\マシン名\共有名」を記憶させてしまえばファイル共有自体はできる

共有の手動設定だけでも東芝がつけてくれたら、何とかなりそうなんだけど

Windows CE 6.0 および Windows CE 5.0 ベースのデバイスから Windows 7 のネットワーク共有を確認する際、共有ルート フォルダーの直下にあるフォルダー一覧が表示されない

Windows CE 6.0 および Windows CE 5.0 ベースのデバイスは、 “Remote Administration Protocol (RAP)” を使用することで共有ルート フォルダー直下のフォルダを参照していますが、Windows 7 では RAP がサポートされなくなったことにより、この現象が発生します。

Windows 7 で RAP がサポートされなくなったことについては、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
Member Protocol Roles (英語情報)
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee392570.aspx

テレビの年間消費電力量の算出方法について

つい最近テレビを購入する際、カタログを見ていて、ほぼ同じ「定格消費電力」にも関わらず、「年間消費電力量」に大きな差異のある場合があることに気がつきました。

そこで、どのように算出しているのか調べてみると、自動輝度調節機能や、画質モードの「標準」状態によって、「年間消費電力量」を低く見せることが可能であることが分かりました。

周辺照度300ルクスの状態での輝度を低く設定する、画質モード「標準」の状態での明るさやバックライト出力を落とすという方法が考えられます。

また、店頭で並んでいる異なるメーカーのテレビを画質モード「標準」の状態、かつ自動輝度調節機能をオフにすると、明確に明るさに違いがでました。FPDテレビの「省エネラベル」,年間消費電力量の算出基準は適切か?の記事でも指摘されています。こちらでは、標準モードでの画面輝度を表示するよう提案しています。私も賛成です。

【西川善司の大画面☆マニア】第164回:最高画質プラズマVIERA「TH-P65ZT5」 -AV Watch 実際の製品レビューを見るかぎり、この記事の下部にあるような、「スタンダード画調」の輝度が低い状態で年間消費電力量を計算しているものと考えられます。画質が良く、輝度も高い他のモードでは、消費電力がかなり増えることを考慮する必要があります。

私の知る中でもPanasonicのTH-L26X2を家に設置した際、自動輝度調節機能や画質モードを変えないと画面が暗い、と言っている方がいらっしゃいました。

店頭での表示モードも標準にすることが出来れば、と思います。映像が地味に見える、見比べると暗くなるという理由で、各社ブラウン管の時代から「あざやか」モードなどに設定しているようです。

非常に明るい店内では、自動輝度調節機能の働きは分かりません。

もちろんテレビを消してしまうのが一番良いわけですが、設定の変更は店頭と同じように見える、と期待して購入する消費者、消費電力量の削減出来る店、双方にメリットがあると考えています。

算出方法は以下の通りです。平成21年度の資料のようです。

E={(PO-PA/4)×t1+PS×(t2―tepg)+PepgXtepg}/1000

E :年間消費電力量(kWh/年)
PO :動作時消費電力(W)
PS :待機時消費電力(W)
PA :節電機能等による削減電力(W)
Pepg:EPGデータ取得時の電力(W)
t1 :年間基準動作時間(h)1642.5(365日×4.5時間)※
35
t2 :年間基準待機時間(h)7117.5(365日×19.5時間)※
tepg :年間基準EPG取得動作時間(機器により異なる)

PA1=PA1Max-PA1Min
PA1MaX:自動輝度調整機能による低減消費電力は、周辺照度300ルクス以上の状態において測定した消費電力又は節電機能スイッチを切った状態の消費電力のいずれか小さい方
PA1Min:周辺照度0ルクスの状態において測定した消費電力

液晶テレビにあってはコントラスト及び明るさ並びにバックライト調整、プラズマテレビにあっては、コントラスト及び明るさ調整は、工場出荷時の位置に設定すること。但し、最初に電源を入れた時、これらの画質モードを選択可能なメニューが表示され、ユーザーが標準状態モードを選択できる機種においては、標準状態(一般に家庭で使用するメーカー
推奨状態)に設定する。

総合資源エネルギー調査会省エネルギー基準部会 テレビジョン受信機判断基準小委員会 最終取りまとめ 財団法人 省エネルギーセンター(ECCJ)より

ノートPCのピクセル密度一覧

画面サイズ 解像度 ドットピッチ(mm) ピクセル密度(ppi) 解像度の名前(通称)
13.3インチ 16:9 1366×768 0.216 117.827 HD
1600×900 0.184 138.027 HD+
1920×1080 0.153 165.632 FullHD
14.0インチ 16:9 1366×768 0.227 111.935 HD
1600×900 0.194 131.125 HD+
15.6インチ 16:9 1366×768 0.253 100.455 HD
1600×900 0.216 117.677 HD+
1920×1080 0.18 141.212 FullHD
17.3インチ 16:9 1600×900 0.239 106.133 HD+
1920×1080 0.199 127.336 FullHD
12.1インチ 16:10 1280×800 0.204 124.747 WXGA
1440×900 0.181 140.34 WXGA+
13.3インチ 16:10 1280×800 0.224 113.492 WXGA
1440×900 0.199 127.678 WXGA+
14.1インチ 16:10 1280×800 0.237 107.052 WXGA
1440×900 0.211 120.434 WXGA+
15.4インチ 16:10 1280×800 0.263 96.759 WXGA
1440×900 0.233 108.854 WXGA+
1680×1050 0.197 128.645 WSXGA+
1920×1200 0.173 147.023 WUXGA
17.3インチ 16:10 1440×900 0.259 98.157 WXGA+
1920×1200 0.191 133.186 WUXGA
12.1インチ 4:3 1024×768 0.24 105.785 XGA
15.0インチ 4:3 1024×768 0.298 85.333 XGA
1400×1050 0.218 116.667 SXGA+
1600×1200 0.191 133.333 UXGA

最近のノートPCで使われるサイズ、解像度、ドットピッチ、ピクセル密度をまとめてみました。計算にはドットピッチ計算機、パネルの仕様表はLaptop Panel Part Databaseを使用させていただきました。

dpiスケーリング使用時の、アプリケーションの表示が問題になる現在、ドットピッチが小さく、ピクセル密度が上がるにつれて、文字は小さくなります。しかし、たくさんの情報が一度に表示できます。すなわち、ウィンドウを並べて表示しやすいということでもあります。

老眼など、遠視気味の方は視認性の問題がありますが、私自身はドットピッチが0.2mm前後なら特に目の疲れも感じず使用することができます。

購入時に軽視されがちなノートPCの液晶ですが、もっともよく見る部分でもあります。高解像度の液晶が普及することを切望しています。

dpiスケーリング