液晶モニタのバックライトが接触不良で点灯しなくなった例

注意書き

  • 完全な状態には絶対に戻りませんので、新しいノートPCを買ってくる方が確実に楽で安全で性能が上がります。
  • 液晶モニターの分解は、高電圧部分があり危険です。
  • 分解にともなってわずかでもホコリが侵入すると、ホコリの影が映るようになります。

NEC Lavie LL750/ASに採用されている16インチワイドの液晶パネルLTN160AT04は、バックライトが接触不良で点灯しなくなることがあるようです。2010年ごろの16インチワイドのPCに多く採用されているパネルのようです。

具体的な状況は、電源ONから数秒程度しか点灯しない、モニターの切り替えや外部モニターへの接続時に一時的に点灯するようになる、明るさを変えると消灯する、明るさによってインバーターから異常な音がする、といった感じでした。

lavie_ll750as_ltn160at04-2

接触不良の部分は、液晶パネル内部の冷陰極管(CCFL)と、インバーターから伸びている配線のハンダ部分です。ハンダをやり直さずに下手に配線をいじったあとに電源をONにすると、熱圧縮チューブなどが焼けるためか、変なにおいがしました。

熱圧縮チューブに入ってる部分のハンダが弱いように見られます

熱圧縮チューブに入ってる部分のハンダが弱いように見られます

液晶パネルを分解して、該当部分のハンダを付け直すと正常に点灯するようになりました。冷陰極管は非常に細いので、折れないように気を付けます。

下手な再ハンダでも点灯するようになりました。ある程度動かしても大丈夫なことは確認済み

下手な再ハンダでも点灯するようになりました。ある程度ケーブルを動かしても大丈夫なことは確認済み

少しでも分解に自信がない場合は、外部モニタを使うなどして、放置しておくのが無難です。

分解の際にどうしてもパネルにホコリが入ります

分解の際にどうしてもパネルにホコリが入ります

参考サイトさんを見る限り、手元の機種は保護機能が動作して焼けたり焦げたりは免れており、部品単位の故障までは至っていない幸運な事例のようでした。

LaVie LL750/B 画面真っ暗 – ズバット修理ブログ
原因はバックライトケーブルの焼損と、インバータのトランス焼けでした。
高圧側のケーブルなのでインバータの断線検出が上手く働かず、かなりの負荷が掛かったようです。

バックライト交換修理方法、修理手順
バックライトが熱で焦げてしまい、配線のレール(プラスチック)も若干溶けていることが確認できます。一部割れもありますね。
先ほどバックライトも一緒に外れておりましたが、熱でプラスチック部分が溶けてしまい、
一緒に外れてしまいました。

01 7   NEC:LL750/TG6R バックライト修理 
冷陰極管端子の半田付けが発熱で取れかかっていた。半田付けしなおしたらなおりました。

液晶パネルのドット抜けは基準が決められている

液晶パネルに発生するドット抜けは全ピクセルの何パーセントが抜け、もしくは輝点になっているかで、良品かどうかが決められています。

例えば、NEC LaVie Hybrid FristaのフルHDパネル(1920×1080ドット)で、LCDドット抜け割合0.00013%以下と書かれている場合は、9個以上あると不良品ということになります。計算とカウントはRGB三原色のサブピクセルも含めて行います。

1920*1080*3*0.0000013=8.08704 (8個以下)

実際にこの場合において、基準より少ない7つほどのドット抜けを見つけて連絡したところ、修理に製品を送付するようお返事をいただきました。その結果、液晶パネルの故障ではないが交換となりました。(社内の基準に合致していなかったそうです)

あまりにもドット抜けが目立つ、多い場合は、基準値より少なくても一度修理に連絡して確認してみると良いかもしれません。修理に出す際は、画面のだいたいどの部分でどの色が抜けているのかを書いておくと良いようです。

また、余談ですが、NECさんのフルフラットパネルと呼ばれる筐体と液晶パネルの間に段差のないモデルの場合、微細なゴミが入っていることがあるのは仕様であるとの回答でした。

左上赤色ドット抜けの例。

左上赤色ドット抜けの例。

参考

ドット抜けについて : ビジネスPC | コンピュータプラットフォーム | NEC

PCのカタログなどで解像度を表す場合に使用されている「ドット」とは、画素(ピクセル)の事を指しています。

ドット抜けを計算する際に使用する「ドット」とは、ISOの基準(ISO13406-2)に従って副画素(サブピクセル)が使用されます。

1画素(ピクセル)は3副画素(サブピクセル)で構成されています

パソコン用液晶ディスプレイのドット抜けに関する定量的ガイドライン (PDF)

JEITA 一般社団法人電子情報技術産業協会より

液晶ディスプレイテスト for Javascript

ケーブル不良によりUSB3.0で外付けHDDが接続できない

分かりづらいですが、上側の奥にあるピンが低いため、接触不良を起こしていた場合があった

分かりづらいですが、上のUSB3.0-Aコネクタは奥にあるピンが低いため、接触不良を起こしていたと考えられます

USB 3.0から増えたUSB A端子(コネクタ)の奥のピンが、接触不良になっていることが原因でした。

そこで、以下を参考にマイナスの精密ドライバで奥のピンを少し持ち上げてみると、症状が解決しました。

価格.com – 『USB2.0でしか認識しません』 PLANEX PL-35STU3-2RZ のクチコミ掲示板

プラネックス製USBケーブルの4ピン端子が、明らかに、出ていません。

そこで
ピン端子4本を精密ドライバーを使用し、少々持ち上げました(バッファローケーブルと同じ程度)。
結果は、すんなりと認識するようになりました(2本とも)。

PCハードウェア強化ラボ:第2回 普及し始めた高速インターフェイスUSB 3.0 (2/3) – @IT

USB 3.0では、コネクタの奥に接点が増設されていることがよく分かる。USB 3.0ではこの部分も使って通信している。

USB 3.0とは-意味・説明:ダイヤトレンド 用語集

具体的な症状は、USB3.0対応の外付けHDD(Planex PL-35STU3-2RZ)がUSB3.0で認識されない、認識した後、すぐにパソコンから認識されなくなる、安全な取り外しをしても電源が切れない、などの問題が発生していました。

問題の切り分けのため、奥のピンが規格上存在しないUSB2.0のポートに接続すると全く問題なく動作しました。また、USB3.0ケーブルを他のものに交換したところ問題がなくなりました。

以上より、ケーブルのUSB3.0に関わる部分に問題があると考え、USB3.0から追加されたピンを持ち上げる修理をし、解決しました。

別件になりますが、USB3.0のA端子はゆっくり差し込むと奥のピンが接触する前にOS側がUSB2.0と認識してしまう場合もあるようです。

HP Compaq nx6320にWindows 7 SP1をインストール

タイトルどおり、nx6320にWindows 7をインストールしてみました。結果は、CPU Core Duo T2300E、メモリ2GB、Intel 945GM、液晶SXGA+でAero ONながら、つっかかることなく動作しています。

nx6320_WEI

ほとんどのドライバは、Windows Updateより自動的にインストールされました。手動でインストールが必要なドライバは以下の通りです。

Texas Instruments Media Card Reader Driver 2.0.0.9

まずはメモリカードリーダー。これが無いとSDカードを読み込むことができません。なお、ドライバのダウンロードで最初に選択できるVersion 2.0.0.7 Bは2GBのSDカードすら読み込むことができませんので注意が必要です。

このドライバはRevision Historyより選択できます。

HP Quick Launch Buttons

次はクイック起動ボタン用のアプリケーション。結論は、まともに動かない上、アンインストール時面倒なのでおススメできません。

クイック起動ボタンを使わない限り、実用上問題は無いので、デバイスマネージャでの「!」マークが気になる場合のみインストールしてください。インストール後、なぜかWindows Updateより新しいドライバがインストールされます。

インストールしてみると、「!」マークは消えますが、アプリケーションの互換性に関する注意が表示されるようになります。さらに、クイック起動ボタンはまともに動きません。この状態でスタートアップ起動を無効にして使用するのもアリだと思います。

さらに、アンインストールしてしまうと、半角/全角キーを押下すると「’」と入力されるようになるなど、キーボードがうまく動作しなくなります。復旧方法以下の通り。

Notebook PC シリーズ – キーと異なる文字が入力されて日本語キーボードとして認識されない
キーボードの種類をOS標準の 「日本語 PS/2 キーボード (106/109 キー Ctrl + 英数)」に変更します。

「デバイスマネージャ」を起動して、[キーボード]配下のデバイス名をダブルクリックします。
[ドライバ] タブを選択し、 [ドライバの更新] をクリックします。
[一覧または特定の場所からインストールする] または、[コンピュータを参照してドライバ ソフトウェアを検索します] を選択して、ウィザードに従い操作します。
「互換性のあるハードウェアを表示」 にチェックします。
標準キーボードから [日本語 PS/2 キーボード (106/109 キー Ctrl + 英数)] を選択して、[次へ] をクリックします。
ウィザードに従い、ドライバを更新してコンピューターを再起動します。

このようにそこそこ苦労します。
今は安いノートPCでもnx6320より性能は上ですし、気に入っているのでなければ、新しいノートPCを買ってくるのが楽でよいと思いました。

ノートPCのピクセル密度一覧

画面サイズ 解像度 ドットピッチ(mm) ピクセル密度(ppi) 解像度の名前(通称)
13.3インチ 16:9 1366×768 0.216 117.827 HD
1600×900 0.184 138.027 HD+
1920×1080 0.153 165.632 FullHD
14.0インチ 16:9 1366×768 0.227 111.935 HD
1600×900 0.194 131.125 HD+
15.6インチ 16:9 1366×768 0.253 100.455 HD
1600×900 0.216 117.677 HD+
1920×1080 0.18 141.212 FullHD
17.3インチ 16:9 1600×900 0.239 106.133 HD+
1920×1080 0.199 127.336 FullHD
12.1インチ 16:10 1280×800 0.204 124.747 WXGA
1440×900 0.181 140.34 WXGA+
13.3インチ 16:10 1280×800 0.224 113.492 WXGA
1440×900 0.199 127.678 WXGA+
14.1インチ 16:10 1280×800 0.237 107.052 WXGA
1440×900 0.211 120.434 WXGA+
15.4インチ 16:10 1280×800 0.263 96.759 WXGA
1440×900 0.233 108.854 WXGA+
1680×1050 0.197 128.645 WSXGA+
1920×1200 0.173 147.023 WUXGA
17.3インチ 16:10 1440×900 0.259 98.157 WXGA+
1920×1200 0.191 133.186 WUXGA
12.1インチ 4:3 1024×768 0.24 105.785 XGA
15.0インチ 4:3 1024×768 0.298 85.333 XGA
1400×1050 0.218 116.667 SXGA+
1600×1200 0.191 133.333 UXGA

最近のノートPCで使われるサイズ、解像度、ドットピッチ、ピクセル密度をまとめてみました。計算にはドットピッチ計算機、パネルの仕様表はLaptop Panel Part Databaseを使用させていただきました。

dpiスケーリング使用時の、アプリケーションの表示が問題になる現在、ドットピッチが小さく、ピクセル密度が上がるにつれて、文字は小さくなります。しかし、たくさんの情報が一度に表示できます。すなわち、ウィンドウを並べて表示しやすいということでもあります。

老眼など、遠視気味の方は視認性の問題がありますが、私自身はドットピッチが0.2mm前後なら特に目の疲れも感じず使用することができます。

購入時に軽視されがちなノートPCの液晶ですが、もっともよく見る部分でもあります。高解像度の液晶が普及することを切望しています。

dpiスケーリング

ノートPCの液晶のクリーニング方法

跡が消えない場合は、不純物が入っていない水で半分に薄めた消毒用アルコールで湿らせた布で拭きます。

[PDF]ThinkPad® X200 および X200s 使用上の注意と問題判別

ノートPCの液晶は何かと汚れやすく、乾拭きしても取れないような汚れが付着しやすいです。

しかし、メーカサポートページを見てみると、乾拭き以外の方法を明記しているメーカさんは少ないようです。乾拭きのみにしてくださいと表記しているのは、確認したところ東芝、富士通、NEC、HP。

汚れがひどい場合の方法を明記していたメーカさんは少なく、ソニー、Lenovo。ソニーは水のみ。何らかの薬品を使ってよいと書いているメーカはLenovoのみでした。すべての機種は見てませんが、おそらく同じでしょう。

グレア(いわゆるツルテカ)とアンチグレアで使用する薬品等が変わるのか調べてみました。ノートPCでは資料が見当たらなかったので、おそらく同じような加工をしている三菱製単体モニタの説明書から。

溶剤を使用される場合は以下の物を推奨いたします。その際は溶剤が残らないようにしてください。(水、エタノール、イソプロピルアルコール)推奨以外の溶剤(酸、アルカリ、アセトン等)は使用しないでください。

[PDF] RDT232WXシリーズ取扱説明書 8ページ

表面加工の違いによる、薬品使用の可否は無いようです。使ってよいものは水、エタノール、イソプロピルアルコールで水を混ぜる等は特に表記がないです。

市販の液晶クリーナの成分がどうなっているかというと、エタノールを精製水で薄めた物のようです。冒頭のLenovo推奨のやり方とほぼ同じです。

成分      精製水、エタノール、界面活性剤、防腐剤

ウェットクリーニングティッシュ – WC-DPシリーズ

結論は、汚れが気になった場合は、アルコール系の薬品を半分に薄めて布に吹きかけ掃除→しっかり乾拭きしてやるのがベストに感じます。が、もちろん自己責任です。

市販の液晶クリーナですら、拭き跡が残ったりするようなので、メーカさんとしてはなかなか公に表記しにくいのかもしれません。