Windows 10で自動でスリープ状態にならないときは、SMB1.0を無効にしてみる

Windows 10(バージョン1511)もWindows 7と同様に、一定時間無操作で自動でPCをスリープに入れることができます。しかし以前書いた、Windows 7で自動でスリープ状態にならない問題を解決と同様の状態で、指定した無操作時間後にスリープに入らない場合があります。

管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、powercfg -requestsで調べたところ、Windows 7の時と同様に以下が表示されます。

C:\Windows\system32>powercfg -requests

[DRIVER] \FileSystem\srvnet アクティブなリモート クライアントが、このコンピューターに最近要求を送信しました。

Windows 10の場合、”SMB 1.0/CIFS ファイル共有のサポート”を無効にすることで、問題が解決することがありました。

設定の場所はスタートメニューを右クリック→プログラムと機能→Windows の機能の有効化または無効化→SMB 1.0/CIFS ファイル共有のサポートです。チェックを外します。

Windows 10で確認しましたが、この設定はWindows 8.1以降に存在するようです。

"プログラムと機能"にある"Windowsの機能"から無効化する

“プログラムと機能”にある”Windowsの機能”から無効化する

SMBはWindowsのファイル共有などで使われるプロトコルで、srvnetは共有時に使われるサービスのようです。本来は、ファイル共有などにアクセスがある場合に、PCをスリープにさせないようにするために働いているようです。

なお、この設定は無効にすると、古いNASやWindows XPに接続できなくなるようです。2016年現在、つながらなくなる例は少なくなっていると思いますが、このような環境をお持ちの方は注意が必要です。

Windows 10ミニTips (47) Windows 10で古いNASにアクセスできない症状の処方箋 | マイナビニュース
Windows 10に移行すると、一部の古いNAS(Network Attached Storage)へアクセスできないケースが散見する。これはNASのOSがLinuxなどを使用し、ファイル共有プロトコルであるSMB(Server Message Block)の古いバージョンを使用しているからだ。

Stop using SMB1 | Server Storage at Microsoft (英)

「SMB1は使わないこと」書かれたMicrosoftのBlog

バッファローのACアダプタで極端に発熱するものがある

パソコンの周辺機器を販売しているバッファローの製品で、ACアダプタの機器本体側のDCプラグ(後述)が極端に発熱する不具合が起こっているようです。

使用されている製品の型番から、外付けHDD、ルーター、外付け光学ドライブ、地デジ用アンテナ、地デジチューナー、サブ液晶ディスプレイ、プリントサーバーなど、多種多様な製品に使用されていることがわかります。

この手の機器の動作がおかしくなったときは、ACアダプタの故障をより考慮する必要があります。

お知らせ | BUFFALO バッファロー

弊社製品に付属しております一部のACアダプターにおきまして、極稀に発熱する(※)とのお問い合わせがございます。
不燃樹脂で覆われている為、火災や類焼に至るおそれはありません。しかしながら故障時の取り扱いには十分ご注意ください。(火傷等)
下記対象のACアダプタをご使用のお客様で故障発生時には、誠にご面倒ですが、弊社窓口までご連絡くださいますようお願いいたします。

発熱のみで火災には至らないためか、リコール対応ではなく故障時のみの対応となっています。ACアダプタの故障時に無償交換となるかどうかは不明です。

注意喚起の対象と思われるACアダプタ

NITE(独立行政法人製品評価技術基盤機構)で公表している情報によると、DCプラグの付け根部分における絶縁不良が原因と推定されています。

DCプラグ内部で絶縁性が低下したことか ら、過電流が流れて異常発熱し、溶融したも のと推定されるが、絶縁性が低下した原因の 特定はできなかった。輸入事業者は、同種事故の発生はあるも のの、拡大被害に至っていないことから、 既販品に対する措置はとらなかった。  なお、2012(平成24)年9月製造 分より赤リン系難燃剤の使用を中止してい る。

http://www.nite.go.jp/data/000072655.pdf

赤リンが添加された絶縁材料は、水分によって絶縁劣化する可能性があるので、注意が必要である。

サプライヤーが一次、二次と存在する部品は、知らない間に仕様が変わっている可能性があるので、注意が必要である。 (通称:サイレントチェンジ)

プラスチックの難燃化手法と 難燃剤によるトラブル事例について (PDF)

暴走するIntel PRO Network Connections LAN Driver 17.4 Windows 7 64bit

新しいバージョンでも症状が発生することが確認されたので、以下は話半分に見ていただければと思います。LANアダプタを無効にする、もしくは再起動することによって一時的に症状が直ることは確認しています。スタンバイ復帰時に問題が出る可能性も考えて、もう少し調査が必要なようです。

バージョン18.0に更新し、Windows 7 64bitを再起動をすると改善しました。

症状は、DZ68DBにオンボードで搭載されているIntel(R) 82579V Gigabit Network Connectionが有効である限り、アイドル時にCPUの1コアを食い尽くすという状態です。デバイスマネージャから、デバイスを無効にすると、CPU使用率がアイドル時0%に戻ります。

再起動するといったん症状がなくなりますが、何かの拍子にまた暴走し始めるようです。

ディスプレイの電源が、指定の10分を超えても自動で切れないため、何か妨害しているものがあると探しているうちに気が付きました。

管理者権限でコマンドプロンプトを開き、powercfg /energyすると、以下のログが出力されました。使用しているCore i7 2600kは8スレッドなので、平均使用率が約12~13%となると考えました。

CPU 使用率:プロセッサ使用率のかなり高い個別プロセスです。
このプロセスは、トレース中に記録された合計プロセッサ使用率の大部分に影響しています。
プロセス名 System
PID 4
平均使用率 (%) 12.97
モジュール 平均モジュール使用率 (%)
\SystemRoot\system32\drivers\ACPI.sys 10.83
\SystemRoot\system32\ntoskrnl.exe 1.77
\SystemRoot\system32\hal.dll 0.30

プロセス名がSystemということで怪しいデバイスを無効にするうちに、LANアダプタが原因と判明しました。その後、ドライバを17.4から18.0に入れ替え、再起動したところ、症状がおさまりました。数日様子を見ていましたが、再発はしていません。

なお、ドライバのインストール時に再起動は促されませんが、スタンバイ→レジームでは症状は直りませんでした。

変更点が記載されたリリースノートが見つからないので、正確なところは分かりませんが、バージョン17.4に何らかの不具合があったのは間違いなさそうです。

数分おきに光回線が切断される→eo光電話アダプタ(MR1023TA)が故障していた

以下の症状とこちらで検証したことをサポートダイヤル(151)にお伝えし、光電話アダプタの交換をしたところ、問題が解決しました。

  1. 数分おきに回線が切断される
  2. 動画サイトなど、回線速度を使う場合切断されやすい
  3. ONU、光電話アダプタ、ルータの電源を抜き差ししても、しばらくすると切断される
  4. ONU、光電話アダプタ、ルータともに、異常を示すランプ等は点灯していない
  5. ひかり電話自体は発着信ともに正常
  6. LANケーブル、モジュラーケーブルの交換も実施
  7. ONU(光回線終端装置)に直接接続すると、切断せず安定している

不思議なことに、電話の発着信は正常だったので、最初はルーターの故障かと考え、光電話アダプタに直接PCを接続し、PPPoEで接続したりしましたが、改善しませんでした。

次に、光電話アダプタを介さず、ONUに直接接続すると、回線が安定したことから、光電話アダプタの故障と判断し、その旨、サポートダイヤルにお伝えしたところ、交換対応となり、解決となりました。

交換は良品のアダプタを先に送っていただき、受け取り後、2週間以内に指定の配送業者で送料着払い、という形でした。

良品は、MegaBit Gear MR1027でした。型番を見るかぎり、LANポートにハブがなくなり、1ポートになった後継機種のようです。

症状から見てみると、ルータの故障に見えますが、障害を切り分けてみると、光電話アダプタの故障、という意外な事例でした。同じようなことがあった場合は、冷静に切り分けてみる必要がありそうです。

REGZA Z3のLANハードディスク再生はWindows 7だと機器の登録ができない件を検証

結論から書くと、やはりWindows XPやLinux(Ubuntu)などで、一度偽装して機器の登録する必要があります。登録後の動作をいろいろと検証してみた結果を書いていきます。

通常の共有が出来ているのならば、各種設定は一切関係が無く、原因はWindows7、Windows Server 2008R2から、 “Remote Administration Protocol (RAP)” をサポートしなくなったためと思われます。

LAN Manager認証レベル

  1. ローカル セキュリティ設定
  2. セキュリティの設定
  3. ローカルポリシー
  4. セキュリティオプション
  5. ネットワークアクセス:ローカルアカウントの共有とセキュリティモデルのプロパティ
  6. LAN Manager認証レベルで表示されます。

LTNMv2応答のみ送信 (LMを拒否する)

  • LTNMv2応答のみ送信 (LMを拒否する)→つながる
  • LTNMv2応答のみ送信 (LMとNTLMを拒否する)→つながらない

検索でヒットしたサイトには、LMとNTLM応答を送信するにしなければならない、と書かれている事が多いですが、LTNMv2応答のみ送信 (LMとNTLMを拒否する)以外はすべてつながるという結果になりました。

アクセス権

NTFSのアクセス許可共有のアクセス許可

  • NTFSアクセス権を読み取り/書き取りに設定
  • 共有のアクセス許可を変更/読み取りに設定

他の権限は不要でした。Z1など、録画もできる機種だと、必要な設定が違うかもしれません。

REGZA側でユーザ名とパスワードを”指定しない”場合

Guestユーザー有効無効

  • Guestアカウント有効
  • パスワード保護の共有無効
  • アクセス権を確認

以上の設定で接続することが出来ました。

REGZA側でユーザー名とパスワードを”指定する”場合

ローカルセキュリティ設定

  • Windows XPの場合、Guestアカウント無効、簡易共有無効
  • Windows 7の場合、パスワード保護の共有を有効
  • アクセス権を確認
  1. ローカル セキュリティ設定
  2. セキュリティの設定
  3. ローカルポリシー
  4. セキュリティオプション
  5. ネットワークアクセス:ローカルアカウントの共有とセキュリティモデルのプロパティ
  6. クラシック – ローカルユーザーとして認証する

以上の設定をし、REGZA側で機器検索の際にユーザー名とパスワードを入力すれば接続することが出来ました。

また、ファイルをアクセスする際にも、ユーザー名とパスワードを入力する必要があります。

関係なかった設定

  • ホームグループ
  • ファイル共有の接続(128bit暗号化でもOK)
  • レジストリ(何も弄らなくてもOK)
  • SMB1に設定
  • パブリックフォルダーの共有(無効にするでもOK)

以上の設定は無効、有効などどちらでも接続できる、もしくはデフォルトのままで接続することが出来ました。

他調べた事

net session \\192.168.0.10 の結果

ユーザー名 REGZA
コンピュータ Z1000
ゲスト ログオン No
クライアント タイプ Unix
セッション時間 00:12:38
アイドル時間 00:12:20
ユーザー名 REGZA
コンピュータ 192.168.0.10
ゲスト ログオン No
クライアント タイプ Linux version 2.6.32.41-ce4tsb-20110930
セッション時間 00:12:33
アイドル時間 00:12:28

2つ接続に来ているようです。ちなみに、Z1000の方がDNSに上手く登録されないらしく、Windows 7からコンピューターの管理→共有フォルダ→セッションと開くと、応答なし→復帰を繰り返します。

LMHOSTSをに書き込んでみてもダメだったので解決策は不明です。

まとめ

やはりDLNAを使うのが簡単です。ただし、WMP12のDLNAは再生出来なかったり、SD画質(720×480)にダウンコンバートされたりと、使い勝手がよくありません。しかし、一番簡単な方法です。

画質面が気になり、かつ面倒事を嫌うのなら、XP(Vistaも出来るらしい)の共有を使うのが一番簡単で確実だと感じました。

参考サイトさん

Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、または Windows Server 2008 R2 の [コンピュータの管理] ツールから、[共有フォルダ] の [セッション] 情報を参照すると応答なしの状態になる場合がある

Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、および Windows Server 2008 R2 (DNS クライアント) が参照する DNS サーバー側で、逆引きゾーンが設定されておらず、逆引きクエリーに対する DNS サーバーからの応答 (Server Failure のエラー) が遅延する場合には、MMC は名前解決の応答待ちとなるため、操作ができずに応答なしの状態となります。また、DNS サーバーからの Server Failure エラーは、DNS クライアントにキャッシュされないため、[セッション] 情報を更新する度に DNS 逆引き解決を試みて、本現象が発生します。

Windows 7/VistaクライアントでSMB2を無効にするのは無意味: 私家版 ITプロフェッショナルの仕事術

HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parametersの下に「smb2」というキーを追加して0(ゼロ)を入力する。その後Serverサービスを再起動する。

REGZAからWin7への接続成功: 山田新聞録

Windows7とREGZAの共有【64bit環境編】 | デジ備忘

Ubuntuを使ったLANハードディスクの機器登録の方法。Windows XPでもほぼ同様の方法で可。

TS再生をREGZAのSMB共有で楽しむスレ Part9

360 :名無しさん@編集中:2012/03/29(木) 21:21:39.22 ID:1ubIJrKu
マスタブラウザとかは別に関係ないよ
ZP2でパケットキャプチャしてみたけど、これと同じ状態だった
ttp://social.technet.microsoft.com/Forums/en/w7itpronetworking/thread/c935bca7-9d4d-4bc6-8d1b-c0c882a649b0

結局REGZAは、PC内の共有の一覧を取得するときにWin7でサポートが切られた
古いプロトコルを使っていて、結果としてWin7マシンの共有フォルダが取得できない

でもそれ以外は問題なさそうだから、Vista以前のマシンやsambaを使って、
「\\マシン名\共有名」を記憶させてしまえばファイル共有自体はできる

共有の手動設定だけでも東芝がつけてくれたら、何とかなりそうなんだけど

Windows CE 6.0 および Windows CE 5.0 ベースのデバイスから Windows 7 のネットワーク共有を確認する際、共有ルート フォルダーの直下にあるフォルダー一覧が表示されない

Windows CE 6.0 および Windows CE 5.0 ベースのデバイスは、 “Remote Administration Protocol (RAP)” を使用することで共有ルート フォルダー直下のフォルダを参照していますが、Windows 7 では RAP がサポートされなくなったことにより、この現象が発生します。

Windows 7 で RAP がサポートされなくなったことについては、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
Member Protocol Roles (英語情報)
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee392570.aspx