液晶パネルのドット抜けは基準が決められている

液晶パネルに発生するドット抜けは全ピクセルの何パーセントが抜け、もしくは輝点になっているかで、良品かどうかが決められています。

例えば、NEC LaVie Hybrid FristaのフルHDパネル(1920×1080ドット)で、LCDドット抜け割合0.00013%以下と書かれている場合は、9個以上あると不良品ということになります。計算とカウントはRGB三原色のサブピクセルも含めて行います。

1920*1080*3*0.0000013=8.08704 (8個以下)

実際にこの場合において、基準より少ない7つほどのドット抜けを見つけて連絡したところ、修理に製品を送付するようお返事をいただきました。その結果、液晶パネルの故障ではないが交換となりました。(社内の基準に合致していなかったそうです)

あまりにもドット抜けが目立つ、多い場合は、基準値より少なくても一度修理に連絡して確認してみると良いかもしれません。修理に出す際は、画面のだいたいどの部分でどの色が抜けているのかを書いておくと良いようです。

また、余談ですが、NECさんのフルフラットパネルと呼ばれる筐体と液晶パネルの間に段差のないモデルの場合、微細なゴミが入っていることがあるのは仕様であるとの回答でした。

左上赤色ドット抜けの例。

左上赤色ドット抜けの例。

参考

ドット抜けについて : ビジネスPC | コンピュータプラットフォーム | NEC

PCのカタログなどで解像度を表す場合に使用されている「ドット」とは、画素(ピクセル)の事を指しています。

ドット抜けを計算する際に使用する「ドット」とは、ISOの基準(ISO13406-2)に従って副画素(サブピクセル)が使用されます。

1画素(ピクセル)は3副画素(サブピクセル)で構成されています

パソコン用液晶ディスプレイのドット抜けに関する定量的ガイドライン (PDF)

JEITA 一般社団法人電子情報技術産業協会より

液晶ディスプレイテスト for Javascript

広告

Western DigitalのHDDを国際eパケットを使ってRMA(保証交換)

Western DigitalのHDDが保証期間内に壊れて保証交換をしたい場合、書留郵便でマレーシアまで届ける必要があります。(2014年4月現在)

交換の流れは以下の通りで、かなり手間がかかります。今回は、日本郵便が行っている、国際eパケットを使って返送を行いました。家でゆっくり作成できること、税関告知書なども自動で出力してくれるので少し楽が出来ました。

EMSだと料金が高いため、SALは安いですが書留を付けると料金が変わらなくなる上に、手書きが必要な部分があるため使いませんでした。慣れている方は、自己責任でSALに書留を付けず安い料金で送っている方もいらっしゃるようです。

今回は、問題なく交換対応していただきましたが、間違っている部分があるかもしれませんし、面倒な方はやらないと思うので、要点だけ書いていくことにします。

  • HDDが故障しているか確認する
  • 保証期間内か確認する
  • 国際郵便マイページサービスに登録する
  • 専用の送り状を入れる袋(パウチ)を請求する
    • 請求から一週間ぐらいで指定された住所に届きます
    • 五枚単位でしか請求できないようです
  • WDC Support Portalに登録する
    • 製品の登録をします
    • 保証が有効の場合は「限定保証内」となっている

      保証が有効の場合は「限定保証内」となっている

  • RMA申請する
    • RMAのタブ→標準的交換のボタンから申請します
    • 申請してから30日以内に発送するようにします
    • 住所の都道府県市町村は~-Shiなどローマ字でOKです
    • WD_RMA_Support
  • RMA Labelをプリンタで印刷します
    • 印刷したバーコードのうち、上の方切り取り、のちに箱に貼り付けます
    • 国際eパケットの場合は下は不要ですが、今回ははがれたりした時のために箱の中に入れておきました
    • RMA (返却承認)手順指示情報は印刷する必要はありませんが、よく読みます
    • WD_RMA_3

      使うなと書かれてるPrepaid Labelsの意味が分からなかったり…

  • 国際郵便マイページサービスから宛先と税関などに必要な書類を作成、印刷する
    • 送り先住所は、変わったりするようなので、手順指示書通りに入力します
    • 今回の場合は以下のように入力しました
    • Teleplan Technology Services Sdn Bhd (LMW) (WD Service Operation)
    • MALAYSIA
    • 郵便番号:13600
    • 州名:Penang
    • 区市町村名:Kawasan Perusahaan Prai
    • 住所2:1445, Lorong Perusahaan Maju 4
    • 内容品名は、HDDの型番とRMA番号、In Warranty Replacementと入力します
    • HSコードは8471.70と入力しました
    • 本来は手順指示書にあるように、「関税分類番号 (HTS) 内蔵ドライブ = 8471.70.4065 外付けドライブ +8471.70.5065」ですが、6桁分しか入力できないためです
    • 本体重量は測ります。WD20EARSで627gでした
    • 書類は発注した専用のパウチに入れます
    • 国際eパケットで使う専用のパウチと送られてきた封筒

      国際eパケットで使う専用のパウチと送られてきた封筒

  • 箱詰めする
    •  重量あると郵便料金が高くなるので、小さめのダンボールを用意します
    • 内蔵HDDの場合は帯電防止袋に入れます
    • あとはプチプチ(エアパッキン)に包み、ダンボールの中で動かないようにします
    • 帯電防止袋

      帯電防止袋

  • バーコードを貼って外箱にRMA番号を書く
    • 小さめの箱の場合、送り状を張り付ける位置を考慮します
    • なお、書類に間違いがあるといけないので、送り状は郵便局で張り付けてもらうほうが良さそうです(重量もちょっと減る…かも)
  • 郵便局まで持っていって発送する
    • 局員さんに、輸入許可書が必要だと言われた場合は、五万円以下の場合は少額特例がありますと知らせます
    • 輸出金額に対する税関の判断によっては、輸入許可書が必要な場合もあるようです
    • 意外と国際eパケットを知らない局員さんは多いみたいです
    • 今回は800g未満でで1280円でした
    • 100グラム刻みで100円づつアップします
  • 3週間ぐらい待つ
    • 今回の場合、発送してから9日で到着しました。マレーシアに到着してからの方が日数がかかりました
    • RMAセンターに付いたら、3営業日程度で受付されて、翌営業日ぐらいで交換品が発送されるようです
    • 交換品はFedexで送られてきて荷物追跡可能です
  • 交換品のHDDが送られてくる。
    • 国内輸送は西武運輸で送られてきました
  • 交換品のHDDはRecertified(再生品?)でした

    交換品のHDDは発送時と同じ型番WD20EARS-00MVWB0のRecertified(再生品?)でした。ただラベルが緑から黒になっています

最後に、WD Support Portalからサポートケースに分からない部分を伺ったところ、日本語で丁寧に対応していただことを付記しておきます。

参考サイトさん

安全保障貿易管理**Export Control*Q&A

本来は輸出許可が必要となる輸出の場合であっても、輸出価格が一定額以下であるものについては輸出許可を得ずに輸出することができる、いわば「許可不要特例」のことです(輸出貿易管理令第4条第1項第4号)。

国・地域別情報(国際郵便条件表) – 日本郵便

電気機器及びその部分品は、電気通信局の輸入許可書が添付されている場合に限り許される。

HDDが壊れたのでWestern DigitalにRMA申請してみた – やりたい事が多すぎるブログ

SALで送った方のBlog