液晶モニタのバックライトが接触不良で点灯しなくなった例

注意書き

  • 完全な状態には絶対に戻りませんので、新しいノートPCを買ってくる方が確実に楽で安全で性能が上がります。
  • 液晶モニターの分解は、高電圧部分があり危険です。
  • 分解にともなってわずかでもホコリが侵入すると、ホコリの影が映るようになります。

NEC Lavie LL750/ASに採用されている16インチワイドの液晶パネルLTN160AT04は、バックライトが接触不良で点灯しなくなることがあるようです。2010年ごろの16インチワイドのPCに多く採用されているパネルのようです。

具体的な状況は、電源ONから数秒程度しか点灯しない、モニターの切り替えや外部モニターへの接続時に一時的に点灯するようになる、明るさを変えると消灯する、明るさによってインバーターから異常な音がする、といった感じでした。

lavie_ll750as_ltn160at04-2

接触不良の部分は、液晶パネル内部の冷陰極管(CCFL)と、インバーターから伸びている配線のハンダ部分です。ハンダをやり直さずに下手に配線をいじったあとに電源をONにすると、熱圧縮チューブなどが焼けるためか、変なにおいがしました。

熱圧縮チューブに入ってる部分のハンダが弱いように見られます

熱圧縮チューブに入ってる部分のハンダが弱いように見られます

液晶パネルを分解して、該当部分のハンダを付け直すと正常に点灯するようになりました。冷陰極管は非常に細いので、折れないように気を付けます。

下手な再ハンダでも点灯するようになりました。ある程度動かしても大丈夫なことは確認済み

下手な再ハンダでも点灯するようになりました。ある程度ケーブルを動かしても大丈夫なことは確認済み

少しでも分解に自信がない場合は、外部モニタを使うなどして、放置しておくのが無難です。

分解の際にどうしてもパネルにホコリが入ります

分解の際にどうしてもパネルにホコリが入ります

参考サイトさんを見る限り、手元の機種は保護機能が動作して焼けたり焦げたりは免れており、部品単位の故障までは至っていない幸運な事例のようでした。

LaVie LL750/B 画面真っ暗 – ズバット修理ブログ
原因はバックライトケーブルの焼損と、インバータのトランス焼けでした。
高圧側のケーブルなのでインバータの断線検出が上手く働かず、かなりの負荷が掛かったようです。

バックライト交換修理方法、修理手順
バックライトが熱で焦げてしまい、配線のレール(プラスチック)も若干溶けていることが確認できます。一部割れもありますね。
先ほどバックライトも一緒に外れておりましたが、熱でプラスチック部分が溶けてしまい、
一緒に外れてしまいました。

01 7   NEC:LL750/TG6R バックライト修理 
冷陰極管端子の半田付けが発熱で取れかかっていた。半田付けしなおしたらなおりました。

Roland PCRシリーズ(PCR-800)をWindows 10で動作させる

USB-ACアダプタを利用して動作させる

RolandのMIDIキーボード、PCR-800はUSB-ACアダプタでも動作します。この動作を利用すればデバイスドライバは不要です。おそらく他のPCRシリーズ、PCR-500、PCR300でも同様に動作可能と思われます。

必要なものは以下の通りです。

  • USB-ACアダプタ(スマートフォンなどの充電に使うもの)
  • USBケーブル
  • MIDIケーブル(できればIN,OUTの2本)
  • MIDI出入力のあるオーディオインターフェースなど(PCにMIDI出入力をつける)

PCR-800からのUSBケーブルをUSB-ACアダプタに接続します。POWER SWをUSBにすれば電源がONになります。

つぎに、MIDIケーブルをPCに接続します。PCR-800の本体設定EDIT→SYS→SY08の設定をOFFにして完了です。(PCR-800説明書ページ76ページ参照)

以上の手順でMIDIシーケンサにPCR-800からMIDI信号が送られるはずです。

なお、USB-Aコネクタの2番3番ピンをテープでマスキングして接続したところ、一瞬電源がついてすぐにオフになり、動作しませんでした。Windows 10でドライバが適用できなかった時と同じ状況となります。

デジタル署名チェックを回避してデバイスドライバをインストールする

Roland PCRシリーズにWindows 10対応ドライバはありません。ほかのRoland製品でinfを書き換え、デジタル署名チェックを回避し動作させる方法があることを知り試してみると、動作させることができました。インストール後に通常の再起動しても動作しています。

しかし、セキュリティを考えるとあまりよろしくない方法だと思います。また、セキュアブートになっている場合など、環境によってはうまくいかないかもしれません。

また、Windows 8.1のドライバを使っている性質上、完全に正常に動くとは限りません。注意して行ってください。

作業は2段階あります。

まず最初にPCR-800のWindows 8.1向けドライバーをダウンロードして展開し、RDIF1027.INFの47,48行目を以下のように書き換えます。

[Roland.NTamd64.7]
;; Windows10
%RDID0027DeviceDesc%=RDID0027Install, USB\VID_0582&PID_0033 ; PCR

つぎにWindows 10のドライバー署名チェックを無効化してインストールします。

  1. Shiftキーを押しながら再起動ボタンを押す(もしくはコマンドプロンプト(管理者)を開きshutdown /r /o /t 0を入力)
  2. トラブルシューティング→詳細オプション→スタートアップ設定→再起動と押す
  3. スタートアップ設定画面が出たら、ドライバー署名の強制を無効にするキーボードの「7」キーを押す
  4. デバイスマネージャからPCR→ドライバータブ→ドライバーの更新→コンピュータを参照してドライバーソフトウェアを検索します→書き換えたINFが入っているフォルダを指定
  5. デバイスドライバーがインストールされる
  6. 再起動する(ほかの署名なしドライバーがインストールできないようにするため)

以上で手元の環境ではインストールすることができました。

Roland PCRドライバーを署名回避してインストールしている

Roland PCRドライバーを署名回避してインストールしている

なお、参考にしたサイトさんではWindowsをテストモードにしたり、SmartScreenを無効にしたり、INFのCatalog行をコメントアウトする必要があると書かれていましたが、手元の環境では無効にする必要はありませんでした。

参考サイトさんに感謝

Roland SonicCellをWindows10で使用する方法 – メタスキーマウェブサイト

この手順、メジャーアップデートかかるともう一回やり直す必要があるみたい(笑)

2015年8月8日現在メーカーサイトにWindows10用のドライバが見当たらないので以下の手順でWindows8.1用のドライバをWindows10用だと詐称して無理矢理使用する。

Roland UM-1 を Windows10 (64bit) で利用する方法 | kourin.org管理人ブログ

ただ、64Bit環境では通常は署名のないドライバはインストールできないため、一時的にドライバ署名を不要とする環境で再起動し、ドライバをインストールした後でシステムを通常通り再起動します。

Windows で表示される 「テスト モード」メッセージを無効にする方法

マイクロソフトは、ユーザーが認証証明書を提供しないでもプログラムをテストできるように、Windows にテスト モードを追加しました。

タッチパネルの壊れたHDR-HC1からPCへ録画を取り込む

タッチパネルの壊れたハイビジョン(HDV)ハンディカムHDR-HC1から、i.Link経由で、ハイビジョンで録画をPCに取り込むことができました。

必要なもの

ケーブルについては、ハンディカムの説明書では「i.Link」と書かれていますが、実際にはFireWire、IEEE1394ケーブルでも名前が違うだけでコネクタや仕様は同一です。

  • IEEE 1394に対応したPC。4pinか6pinかを確認する。なお、2015年現在発売されているPCは対応していないものがほとんどです。
  • IEEE 1394のケーブル。ハンディカム側は4pinなので、PC側の形状に合わせて、4pin-4pin、もしくは4pin-6pinのものを使う。
  • CapDVHS 0.3.0.6 Windows 7で動作しました。
    • 中身が標準画質のDVテープの場合はWinDVを使いました。
  • HDC-HC1のリモコン

まず、バッテリ切れに備えてハンディカムにACアダプタを接続しておきます。さらに設定を「見る/編集」に変更し、リモコンを使ってテープを巻き戻しておきます。

取り込みソフトの使用例(capDVHS,WinDV)

capDVHS_HDR-HC1

capDVHSの設定例

ケーブルをPCに接続し、CapHVHSを起動します。キャプチャデバイスにSony HDR-HC1と表示されたらおそらく正常です。

miniDVテープ1本の録画時間が60分なので、設定を60分(少し長く撮れるようなので62分ぐらいでも良いかもしれません。)に変更しておきます。RemuxTSタブの最下部、フォルダ設定を書き出したいところに変更します。デフォルトではC:\、出力ファイル名は時刻から付けられていました。

WinDVの場合は、Configを押してMax AVI sizeを1000000に。Discontinuity tresholdが短いとファイルが分割されるようなので、デフォルトの1(sec)から適当な長さに変更し、OKボタンを押して設定します。

最後にCapDVHSの場合は開始ボタン、WinDVの場合はCaptureボタンをを押して、その後ハンディカムのリモコンで再生ボタンを押せば、指定したフォルダに録画が書き出されていくはずです。

キャプチャには60分の内容なら60分と実時間かかるので、PCがスリープに入らないように対策して待ちます。終わったら、CapDVHSの場合は停止ボタン、WinDVの場合はCancelボタンを押せば書き出し完了です。

WinDVの設定例

WinDVの設定例

開始ボタンを押しても上手く動作しない場合は、i.Linkケーブルを抜き差ししてやるとたいてい動作します。また、他にPlayMemoriesのビデオ取り込み機能など、i.Linkを使うアプリが立ち上がっていないか、確認します。

タッチパネルの壊れたものでもリセットすればなんとかなるかも

なお、今回はタッチパネルの壊れた個体でした。本機はタッチパネルなしでは設定メニューなどが一切変更できません。
CapDVHSは、ハンディカムのi.Link DV変換が「入」の場合は動きませんでした。工場出荷時の設定が、幸いにも「切」だったので、本体をリセットすることによって設定を変更しました。ただし、タッチパネルが壊れているため、起動時に時刻変更を毎回求められるようになります。(キャプチャされた動画には映りません)

ビデオ HDV/DV設定に関しては、工場出荷時のオートで問題なく動作可能でした。

雑感など

なお、SONY製PlayMemories Homeでは、対象製品に含まれておらず、テープからの取り込みをインストールしても動作しませんでした。

HDR-HC1は10年前の2005年の発売で、2015年現在の製品では、ほぼ採用されていないHDVテープの製品です。タッチパネルをはじめとした故障が多いようです。

また、10年程度経つとテープの劣化も始まっているようで、取り込めないテープがありました。カメラ側のテープ走行装置も良く壊れるようなので、早めに取り込んでおくようにしたいところです。

追記:いくつかの取り込めなかったテープは、早送り、巻き戻しを繰り返すと、正常に再生されるようになりました。

HDR-HC1

ケーブル不良によりUSB3.0で外付けHDDが接続できない

分かりづらいですが、上側の奥にあるピンが低いため、接触不良を起こしていた場合があった

分かりづらいですが、上のUSB3.0-Aコネクタは奥にあるピンが低いため、接触不良を起こしていたと考えられます

USB 3.0から増えたUSB A端子(コネクタ)の奥のピンが、接触不良になっていることが原因でした。

そこで、以下を参考にマイナスの精密ドライバで奥のピンを少し持ち上げてみると、症状が解決しました。

価格.com – 『USB2.0でしか認識しません』 PLANEX PL-35STU3-2RZ のクチコミ掲示板

プラネックス製USBケーブルの4ピン端子が、明らかに、出ていません。

そこで
ピン端子4本を精密ドライバーを使用し、少々持ち上げました(バッファローケーブルと同じ程度)。
結果は、すんなりと認識するようになりました(2本とも)。

PCハードウェア強化ラボ:第2回 普及し始めた高速インターフェイスUSB 3.0 (2/3) – @IT

USB 3.0では、コネクタの奥に接点が増設されていることがよく分かる。USB 3.0ではこの部分も使って通信している。

USB 3.0とは-意味・説明:ダイヤトレンド 用語集

具体的な症状は、USB3.0対応の外付けHDD(Planex PL-35STU3-2RZ)がUSB3.0で認識されない、認識した後、すぐにパソコンから認識されなくなる、安全な取り外しをしても電源が切れない、などの問題が発生していました。

問題の切り分けのため、奥のピンが規格上存在しないUSB2.0のポートに接続すると全く問題なく動作しました。また、USB3.0ケーブルを他のものに交換したところ問題がなくなりました。

以上より、ケーブルのUSB3.0に関わる部分に問題があると考え、USB3.0から追加されたピンを持ち上げる修理をし、解決しました。

別件になりますが、USB3.0のA端子はゆっくり差し込むと奥のピンが接触する前にOS側がUSB2.0と認識してしまう場合もあるようです。

PCで4Kモニタを60pで使うためのメモ

2014年8月現在、素晴らしく情報がまとまったページが複数あります。この記事よりも下記のページをご覧いただくことをおススメします。

以下は2013年12月に調べて書いた古い情報です。


4k(3,840×2,160ドット)モニタをPCで通常使用される60p(60フレーム)で使用したい場合のメモです。30pで転送する場合は現行のHDMI 1.4や後述するNVIDIA製GPUでも対応しているので、接続は問題にならないと思いますが、動きがなめらかでなくなるので動画を見るには向かないという欠点があります。

Displayport 1.2では3,840×2,160 60pに物理的に対応しています。しかし現状の内部的には、スケーラーが対応しておらず1,920×2,160 60pの映像を2つ束ねてモニタに転送しているようです。

スケーリングのためか、Displayport 1.2に対応していればどのGPUでも大丈夫なのかというとそうではないようで、Mosaic機能に対応していないNVIDIA製のGPUでは、ドライバソフトの仕様制約により60pでの動作は出来ないようです。

60pでの動作は、NVIDIA GeforceではGeForce 326.41 Driver以降のドライバを使用する必要があります。AMD製のGPUでは動作するようです。Intel 第4世代Coreシリーズ(Haswell)の内蔵GPUも4k対応しています。とのことですが、実際の動作検証は見つかりませんでした。

HDMI 2.0は2013年9月に発表された規格で、4k 60pに対応しています。ただし、PCで使う場合は8bit 4:4:4 60pでの転送になるので、18Gbps対応にする必要がありそうです。同じHDMI 2.0でも18Gbpsと10.2Gbps対応の二つがあり複雑と感じます。

4kモニタを60pで使用する場合のハードウェア側の対応はまだまだ十分とは言えないことが分かりました。

来たるべき4K時代にGPUは対応できるのか。マルチGPU構成でチェックする,GeForceとRadeonの「4K対応度」 – 4Gamer.net

こうすれば,スケーラーが担当するストリームを1920×2160ドット,垂直リフレッシュレート60Hzに抑えられるので,4K解像度の垂直リフレッシュレート60Hzに対応していないスケーラーでも,最終的に4Kの表示が行えるという理屈だ。

Drivers | GeForce

  • 4K Displays
    • Adds support for additional tiled 4K displays
    • Extended support for tiled 4K features

IGZOが開けるディスプレイの新たな扉 西川善司が最新4K2Kディスプレイをレポート

なお、3860×2160ドットの60Hzの映像伝送は、ドライバソフトの仕様制約により、AMD系GPUの方は動作できているが、NVIDIA系GPUはMosaic機能を有するQuadro K5000でしか現状は利用ができない(2012年12月時点)

ユーザーサポート 検証済みビデオボード PN-K321|インフォメーションディスプレイ:シャープ

AMDがGPUを積極アピール、クライシス3のイベントで

Radeon HD 7970のCrossFire環境とシャープ PN-K321を接続した実演

【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】 次世代CPU「Haswell」の2倍強力なGPUコア

Haswellのビデオエンジン拡張の目玉は4K解像度への対応で、3,840×2,160ドット60HzでのDisplayPort 1.2出力か、4,096×2,304ドット/24HzでのHDMI出力に対応する。

【本田雅一のAVTrends】HDMI 2.0発表。4K/60p伝送の幕開けと少し気になる点 – AV Watch

対応帯域による4K 60p伝送の差
帯域 対応色深度/信号
18Gbps 12bit 4:2:2 or
8bit 4:4:4
10.2Gbps 8bit 4:2:0

“緑のカード”をたたき壊せ!!:最新GPU「AMD Radeon R9/R7」シリーズ特徴まとめ (3/3) – ITmedia PC USER
そこで、現在ディスプレイインタフェースなどの標準化団体であるVESA(Video Electronics Standards Association)では、ディスプレイの識別情報であるVESA Display IDをv1.3に拡張し、4Kディスプレイのタイル表示を自動的に行なえるように進めている。

【レビュー】10万円で登場した23.8型4K液晶、デル「UP2414Q」を試す – PC Watch
今回の4K解像度の出力に当たっては、Intelの「NUC Kit D54250WYK」を借用して試している。

Dell UltraSharp 24モニター ユーザーガイド(PDF)
最大解像度 3840×2160、60Hz DP1.2*
3840×2160、30Hz HDMI
* 60 Hzで3840 x 2160を表示するには、DP1.2を有効にする必要があります。また、DP
ソースのグラフィックカードはMST機能でDP1.2に認証されており、60 Hzで最大
3840 x 2160 の解像度をサポートし、ドライバがDisplayID v1.3をサポートしている
必要があります。

Dell UltraSharp 24 Monitor | UP2414Q with PremierColor
Optimal resolution:
3840 x 2160 at 60 Hz (DP1.2*)
3840 x 2160 at 30 Hz HDMI
In order to display the 3840 x 2160 native resolution, please ensure the graphic card and its drivers used on the PC/Laptop is capable of supporting resolutions up to 3840 x 2160 at 60Hz via DisplayPort connectivity.

コネクタの接点不良はレシートで磨いてみると良い

HDMI端子が接点不良のため、頻繁に画面がブラックアウトするようになり困っていました。そこで、以下のサイトを参考に、レシートを折りたたんだものでHDMI端子を磨いてみたところ、見事にブラックアウトのない状態に復活しました。

.今日の必ずトクする一言 — TODAY’S REMARK — ●接触不良USBを救うコンタクトRのナゾ

なぜ効くのか調べてみたところ、レシートは多くの場合感熱紙で、研磨紙にも使用されるフェノール樹脂が顕色剤として使用されているためと思われます。

HDMI、USBだけでなく、もちろんDisplayportやIEEE1394でも同じ方法が使えるはずです。

接触接点不良が疑われる場合は、新しいケーブルを買ってくる前に、一度試してみるとよいと思います。

HDMIコネクタをレシートで磨いてみる

ショウノール ® | 製品情報 | 昭和電工株式会社

フェノール樹脂 研磨材・砥石用 | 製品情報 | DIC

キリヤ: Q&A 実際に感熱紙で使われている顕色剤は、ビスフェノールAや、βーナフトールのようなフェノール化合物です。

5Cケーブルを使う場合、直付け型の分配器に注意

問題となる分配器の例

画像を見ていただければ全てが分かると思いますが、補足説明。

左側の製品は、芯線を固定する部分のミゾが3Cケーブルに合わせてほられています。
その為、芯線の太い5Cケーブルを使うと、ミゾが合わず圧着が不十分になることがあるようです。
どれだけキッチリとネジを締めてもガタつく事があります。
地上デジタル放送でブロックノイズが出たり出なかったりする時に、原因になっていた事例がありました。

右側の製品は挟み込んで圧着する仕様です。
その為、芯線の太さに関わらず、挟み込めさえすれば圧着が問題になることがありません。

もちろん、ノイズ耐性や確実な固定を考慮すると、直付けの分配器を使わず、F型接栓の分配器を使うと良いようです。

BS放送受信システムから携帯電話への干渉を防止するために [PDF]

BS/110度CS放送受信システムを設置する場合、屋外に設置する機器(ブースタ・分配器等)はF型接栓(コネクタ)タイプのものをお勧めします。(図3)