取り外してしまったドライブのフォルダ共有を解除したいときは、もう一度ドライブを接続する必要がある

Windows 10で、取り外してしまったドライブの共有フォルダは削除(解除)することができません。削除するためには、もう一度ドライブを取り付ける必要があります。

なおその際、取り付けるドライブは元のドライブでなくてよく、ドライブレターさえ同じであれば、フォルダが存在している必要はなく、ほかのUSBメモリなどでも大丈夫なようです。(下の画像の場合はF:\)

スタートボタンを右クリック→コンピュータの管理→共有フォルダー→共有から削除します。

FolderShare_error

ドライブレターの変更はディスクの管理から行います。Win10の場合スタートメニューを右クリック→ディスクの管理です。

画像のように「コンピュータを管理」からもアクセス可能です。

画像のように「コンピュータを管理」からもアクセス可能です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。