液晶モニタのバックライトが接触不良で点灯しなくなった例

注意書き

  • 完全な状態には絶対に戻りませんので、新しいノートPCを買ってくる方が確実に楽で安全で性能が上がります。
  • 液晶モニターの分解は、高電圧部分があり危険です。
  • 分解にともなってわずかでもホコリが侵入すると、ホコリの影が映るようになります。

NEC Lavie LL750/ASに採用されている16インチワイドの液晶パネルLTN160AT04は、バックライトが接触不良で点灯しなくなることがあるようです。2010年ごろの16インチワイドのPCに多く採用されているパネルのようです。

具体的な状況は、電源ONから数秒程度しか点灯しない、モニターの切り替えや外部モニターへの接続時に一時的に点灯するようになる、明るさを変えると消灯する、明るさによってインバーターから異常な音がする、といった感じでした。

lavie_ll750as_ltn160at04-2

接触不良の部分は、液晶パネル内部の冷陰極管(CCFL)と、インバーターから伸びている配線のハンダ部分です。ハンダをやり直さずに下手に配線をいじったあとに電源をONにすると、熱圧縮チューブなどが焼けるためか、変なにおいがしました。

熱圧縮チューブに入ってる部分のハンダが弱いように見られます

熱圧縮チューブに入ってる部分のハンダが弱いように見られます

液晶パネルを分解して、該当部分のハンダを付け直すと正常に点灯するようになりました。冷陰極管は非常に細いので、折れないように気を付けます。

下手な再ハンダでも点灯するようになりました。ある程度動かしても大丈夫なことは確認済み

下手な再ハンダでも点灯するようになりました。ある程度ケーブルを動かしても大丈夫なことは確認済み

少しでも分解に自信がない場合は、外部モニタを使うなどして、放置しておくのが無難です。

分解の際にどうしてもパネルにホコリが入ります

分解の際にどうしてもパネルにホコリが入ります

参考サイトさんを見る限り、手元の機種は保護機能が動作して焼けたり焦げたりは免れており、部品単位の故障までは至っていない幸運な事例のようでした。

LaVie LL750/B 画面真っ暗 – ズバット修理ブログ
原因はバックライトケーブルの焼損と、インバータのトランス焼けでした。
高圧側のケーブルなのでインバータの断線検出が上手く働かず、かなりの負荷が掛かったようです。

バックライト交換修理方法、修理手順
バックライトが熱で焦げてしまい、配線のレール(プラスチック)も若干溶けていることが確認できます。一部割れもありますね。
先ほどバックライトも一緒に外れておりましたが、熱でプラスチック部分が溶けてしまい、
一緒に外れてしまいました。

01 7   NEC:LL750/TG6R バックライト修理 
冷陰極管端子の半田付けが発熱で取れかかっていた。半田付けしなおしたらなおりました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。