Windows 10で自動でスリープ状態にならないときは、SMB1.0を無効にしてみる

Windows 10(バージョン1511)もWindows 7と同様に、一定時間無操作で自動でPCをスリープに入れることができます。しかし以前書いた、Windows 7で自動でスリープ状態にならない問題を解決と同様の状態で、指定した無操作時間後にスリープに入らない場合があります。

管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、powercfg -requestsで調べたところ、Windows 7の時と同様に以下が表示されます。

C:\Windows\system32>powercfg -requests

[DRIVER] \FileSystem\srvnet アクティブなリモート クライアントが、このコンピューターに最近要求を送信しました。

Windows 10の場合、”SMB 1.0/CIFS ファイル共有のサポート”を無効にすることで、問題が解決することがありました。

設定の場所はスタートメニューを右クリック→プログラムと機能→Windows の機能の有効化または無効化→SMB 1.0/CIFS ファイル共有のサポートです。チェックを外します。

Windows 10で確認しましたが、この設定はWindows 8.1以降に存在するようです。

"プログラムと機能"にある"Windowsの機能"から無効化する

“プログラムと機能”にある”Windowsの機能”から無効化する

SMBはWindowsのファイル共有などで使われるプロトコルで、srvnetは共有時に使われるサービスのようです。本来は、ファイル共有などにアクセスがある場合に、PCをスリープにさせないようにするために働いているようです。

なお、この設定は無効にすると、古いNASやWindows XPに接続できなくなるようです。2016年現在、つながらなくなる例は少なくなっていると思いますが、このような環境をお持ちの方は注意が必要です。

Windows 10ミニTips (47) Windows 10で古いNASにアクセスできない症状の処方箋 | マイナビニュース
Windows 10に移行すると、一部の古いNAS(Network Attached Storage)へアクセスできないケースが散見する。これはNASのOSがLinuxなどを使用し、ファイル共有プロトコルであるSMB(Server Message Block)の古いバージョンを使用しているからだ。

Stop using SMB1 | Server Storage at Microsoft (英)

「SMB1は使わないこと」書かれたMicrosoftのBlog

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。