Windows 10へのアップグレードのあとに、Microsoft Security Essentialsをアンインストールする方法

2016年6月3日追記:6月に入ってからアップグレードしたところ、自動的にWindows Security Essentialsが削除されました。

Microsoft Security EssentialsをインストールしたWindows 7を10にアップグレードすると、Windows 10に標準でインストールされているWindows Defenderと干渉してしまい、「このアプリは無効になっており、コンピューターを監視していません」といったメッセージがログイン時に毎回表示されます。

Windows 10でSecurity Essentialsをコントロールパネルからアンインストールしようとしてもエラーが表示される

Windows 10でSecurity Essentialsをコントロールパネルからアンインストールしようとしてもエラーが表示される

Windows DefenderとSecurity Essentials が干渉してしまったときのメッセージ

Windows DefenderとSecurity Essentials が干渉してしまったときのメッセージ

このメッセージを消すためにはMicrosoft Security Essentialsをアンインストールする必要がありますが、コントロールパネルからはアンインストールすることができませんでした。アンインストールするにはMicrosoftが配布しているFixitを使います。

  1. MicrosoftFixit.ProgramInstallUninstall.Run.exe(直リンク)をダウンロード。
    1. 元ページは、インストールできない、削除できない、またはダウンロードできないプログラムの問題を修正する ですが、Windows 10では2016年1月現在ダウンロードすることが出来ませんので直リンクでダウンロードします。
  2. exeを実行して、しばらく待つ
  3. Microsoft Security Clientを選択して次へ
  4. アンインストールが実行されます

その後は「Windows Defender と Microsoft Security Essentialsの両方が無効になっています。」といったメッセージが出てくるので、クリックし、Windows Defenderを有効にします。これでSecurity Essentialsと同等のセキュリティ対策が有効になります。

Fixitでアンインストールすることができた

Fixitでアンインストールすることができた

Windows Defenderを有効にするようメッセージが表示される

Windows Defenderを有効にするようメッセージが表示される

マイクロソフト コミュニティ: windows 10 起動後、Windows Defenderの警告メッセージが毎回表示される http://answers.microsoft.com/thread/581110f3-68f0-4e56-a905-2debc62b685f

MicrosoftFixit.ProgramInstallUninstall.Run.exe は以下のリンクからダウンロードが可能ですので、今後同じ症状が発生してこのスレッドを参照された方はこちらからダウンロードを試していただければと思います。

http://go.microsoft.com/?linkid=9779673

Windows 7からWindows 10へアップグレードするときは、Microsoft Security Essentialsをあらかじめアンインストールしておくと良いようです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。