EMETでEAFを無効にしないとIE11(Windows 8.1)でGoogle Mapsうまく動かなくなる

Windows 8.1(64bit)でEMET5.5 Betaを使用していると、InternetExplorer 11でGoogle マップが読み込み中のまま止まってしまうなど、上手く動かなくなりました。

EMETを開き、Appsをクリック。iexplore.exeのEAF(Export Address Table Access Filtering)のチェックを外すと、問題なく動作するようになりました。

また、EMET 5.5正式版では、Structured Exception Handler Override Protection(SEHOP)を無効にしない場合、IE 11が起動時に終了してしまうようです。

なお、Google Chrome バージョン 47.0.2526.106 m (64-bit)や、Firefox バージョン43.0.1では、EMETをインストールしていても、問題なくGoogleマップが動いています。

EMET5.5でのIE11の設定例

EMET5.5でのIE11の設定例

EMET は、セキュリティ更新プログラムあるいはマルウェア対策ソフトウェアを通じて脅威が解決される前に、新規、および未解決の脅威からの保護を助けてくれます。

Enhanced Mitigation Experience Toolkit – EMET

EMETは、標準で搭載されているWindows Defenderやその他セキュリティ対策ソフト、セキュリティパッチが対応するまで、ある程度の脆弱性を緩和することができるようです。なぜ標準でインストールされていないかというと、こういった不具合を出すことがあるからのようです。

参考:EMET を入れたら Adobe Reader で PDF が開けなくなった場合の対処方法 – arbk-works

EMET で Adobe Reader (AcroRd32.exe) に対する EAF+ を無効にする.

2016年02月03日 IE11とSEHOPについて追加

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。