エアコンのフィルタ自動お掃除機能はメンテナンスフリーではない

フィルタ自動お掃除機能付きで長期間放置した場合の事例。完全に目が詰まっている。

フィルタ自動お掃除機能付きで長期間放置した場合の事例。目が詰まっている。Panasonic CS-25GAE4-W(CS-X256A、CS-25RFXと同等モデル?)

フィルタ自動お掃除機能付きのエアコンでも、少なくとも暖房、冷房シーズンの前にはフィルタを掃除した方が良いです。特にキッチン、リビングなどの油汚れしやすいところ、喫煙している場合は、水洗いでの掃除をメーカーもすすめています。

決してメンテナンスフリーではありません。

エアコン フィルターのお手入れ方法(パネルの取りはずし・取り付け方法):シャープ

お手入れのめやす
フィルター自動掃除運転を使用している場合・・シーズンに1回は、フィルターの汚れを確認してください。
フィルター自動掃除運転をしていても、使用状態や環境により、汚れ(油、たばこのヤニ等)が取れないことがあります。
シーズンに1回は、エアフィルターを取りはずして汚れ具合を確認し、汚れている場合は掃除をしてください。
フィルター自動掃除運転を使用していない場合・・2週間に1度掃除をしてください。

フィルターお掃除ロボット

※フィルターの掃除は自動で行いますが、ホコリや油汚れが多い環境で使用になる時は、取り外して水洗い等をおすすめします。

フィルタ表面に油汚れなどが付着すると、ホコリが取れにくくなり、さらにそこにブラシで掃いたホコリがたまって「裏ごし」したようになったと考えられる事例がありました。この事例では、かなり冷暖房の効きが悪くなっていました。

現在のフィルタ自動お掃除機能は、ブラシでフィルタ表面のホコリを掃き、ダストボックスの中に入れるか屋外に排出する仕組みのようです。自動お掃除がどのような方式であっても、100%ホコリが取り切れるわけではありませんし、いつまでもダストボックスにホコリをため込んでおくのもあまり気分の良いものではないと思いますので、冷暖房シーズンごとにフィルターとダストボックスの中身を掃除するとよいと思います。

新しくエアコンを買う時は、フィルタ自動お掃除機能は、自分でするフィルタ掃除を2週間に一回からシーズンに一回にしてくれる、アシスト機能と考えておく方が無難です。

自動お掃除付きエアコンのメリットとデメリットをまとめておきました。

  • メリット
    • 自分でするフィルタ掃除を2週間に一回からシーズンに一回にしてくれる
  • デメリット
    • 自動お掃除の機構が組み込まれた室内機は、機構が無いものと比べて約60~100mm奥行きが大きくなる(部屋にせり出す)
      • 2014-15年三菱電機の例:MSZ-P224 232mm、MSZ-M224 298mm、MSZ-ZW225 353mm
    • 同じ省エネ性能でも本体価格が高価になる
    • エアコンクリーニングをしたい場合に、自動お掃除付きは料金が高くなる
    • 自動お掃除の動作音
      • 機能をオフ、おやすみタイマーを使うなどで動かなくすることは出来ますが、せっかくの自動お掃除機能を潰してしまいます。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。