Windows 7のジャンプリストの項目を強制的に削除する方法

%AppData%\Microsoft\Windows\Recent\AutomaticDestinations
の中から消したいアプリケーションのアプリケーションIDが付いている、拡張子.automaticDestinations-msのファイルを削除します。たとえばコントロールパネルなら、手元のWindows 7 64bitの環境では7e4dca80246863e3.automaticDestinations-msでした。

どのファイルが消したいアプリケーションのアプリケーションIDか分からなかったので、「いつも表示」に「最近使ったもの」から何か1つでも入れるなど、ジャンプリストを変更すると.automaticDestinations-msのファイルの更新日時が新しくなることを利用して、エクスプローラーから更新日時一番新しいものを削除する方法を使いました。

7e4d...がコントロールパネル、ff103...がAcrobat Reader XI、1b4dd...がエクスプローラーでした。

7e4d…がコントロールパネル、ff103…がAcrobat Reader XI、1b4dd…がエクスプローラーでした。

なお、このファイルを削除すると「いつも表示」「最近使ったもの」がすべて消えます。すなわち、AutomaticDestinationsフォルダ内のすべてのファイルを削除すると、他のアプリケーションの「いつも表示」「最近使ったもの」もすべて消えます。

ジャンプリストの項目を削除した後の状態

ジャンプリストの項目を削除した後の状態

手元の環境でFlash Playerをコントロールパネルのジャンプリストに「いつも表示」している状態で、Flash Playerをアンインストールすると、 「いつも表示するものから外す」を行ってもリストから外せなく(消せなく)なったので以上の操作で対処しました。

「いつも表示」から削除できなくなるこの現象は、アンインストールなどでリンク先が消滅すると発生するようです。アンインストール前などに、あらかじめいつも表示から外しておくと回避できると思います。

ジャンプリストから消せなくなったFlash Player

ジャンプリストから消せなくなったFlash Player

IE9 のジャンプリスト ” いつも表示するものから外す ” を行ってもリストから外せない – マイクロソフト コミュニティ
こちらのスレッドでは下記フォルダーの中身を削除を行っています。

%AppData%\Microsoft\Windows\Recent\CustomDestinations
%AppData%\Microsoft\Windows\Recent\AutomaticDestinations

List of Jump List IDs – ForensicsWiki

今回試したコントロールパネル以外のアプリケーションIDも掲載されています(内容未確認)。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。