Google Chromeに統合されているFlash Playerがなかなかアップデートされない時はchrome://components/を使う

この記事は再現性が取れていませんので、誤っている可能性が大いにあります。なぜだかよく分からないですが、手動でアップデート出来た、ということを書いています。環境によっては、通常通り自動でアップデートされているでしょうし、以下の方法が上手くいかない可能性も大いにあります。

Google Chromeに統合されているFlash Playerがなかなかアップデートされない時は、アドレスバーに「chrome://components/」と打ち込み、pepper_flashの「アップデートを確認」を押します。

「アップデートを確認」を押すとボタンが押せなくなる以外に何も反応が無くなりますが、手元の2つの環境では、数分から20分ぐらいそのまま放置していると更新が完了していました。

参考

Chrome Releases: Flash Player Updateのコメント欄


以下はよく分からない所を書いていきます。

chrome://components 実際にインストールされているpepper_flashのバージョンは表示とは違い14.0.0.125

chrome://components 実際にインストールされているpepper_flashのバージョンは表示とは違い14.0.0.125

アップデートが完了した時の表示

アップデートが完了した時の表示

2014年7月9日のアップデート前、Windows 7 64bit、32bitの二つの環境ともに、表示されているバージョンは誤表記と思われる11.9.900.117でした。

Adobe – Flash Playerのバージョンテスト、およびchrome://pluginsで表示される、実際動いていると思われるバージョンは、14.0.0.125でした。アップデート後は表示も実際使われているバージョンも14.0.0.145となりました。

2014年7月9日のFlashPlayerのアップデートは、Google Chrome自体の更新は無く、統合されているFlash Playerのアップデートは「コンポーネントアップデートシステム」を通じて行われているため、普段とは違い、「chrome://help/」から強制的に更新できないようです。今回の場合は2日近くアップデートされなかったので、手動でアップデートする方法を探しました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。