耳コピ支援プレイヤーの使い方

耳コピ支援プレイヤーに、L+R、L-Rという、左チャンネルと右チャンネルの和と差を聴ける機能、また1/2再生、2倍ピッチの機能があります。

この機能により、聞こえてくる音というのは、以下のようになります。

もちろん、ここに書いているのはあくまでよくある一例です。LもしくはRだけで再生した方が聞き取り易い場合もありますし、世の中わけのわからない綺麗な音は沢山ありますので、自分が一番聞き取り易い方法を探すことが大切だと思います。

L+R

真ん中で鳴っている音が聞こえてきます。ポイントは、左右に広がっている音が小さくなり、逆位相の音は聞こえなくなる点です。また、リバーブ音が小さくなる傾向があります。

  • 左右のギターに邪魔されて聞こえづらいベースの音
  • キックとスネア
  • コーラス部分を除くボーカル

具体的には、以上のようなフレーズが浮かび上がってきます。

L-R

L+Rの全く逆です。大抵の場合は、ボーカルとベース、キックとスネアが綺麗に消えます。細かい音を拾う耳コピの場合はこちらの方が有用です。

真ん中で鳴っている音が聞こえなくなります。ポイントは、左右で鳴っている音が大きくなり、逆位相の音がはっきりと聞こえる点です。

  • 左右で動くシーケンスフレーズ
  • 逆位相で鳴っている音
  • コーラスエフェクトで広がった音
  • キックとスネア以外のドラム音
  • リバーブのDiffusion(広がり)が大きい場合は、リバーブ音が強く聞こえます。

具体的には、以上のようなフレーズが浮かび上がってきます。

コーラスエフェクトで広がった音のパンが中心の場合は、L+Rと聴き比べて、Dry/Wet(ドライ/ウェット比)の調整をします。L+Rが大きい場合はドライ、L-Rが大きい場合はWetを大きめにすると良いです。実際は、Dry=Wetとなっている場合が多いようです。

1/2再生

これは見ての通り、再生速度を音程そのまま1/2にする機能です。高速アルペジオ(分散和音)の聞き取りに必須です。

この機能の弱点は、たとえ補完処理がかかっていたとしても、存在しない音が聞こえてくる事があります。

ですので、必ず最後は等速で確認をしましょう。

2倍ピッチ

低いベース音をコピーするために便利な機能です。標準ピッチでは確認しづらい細かい音も拾うことが出来ます。

この機能の弱点は、オクターブ聞き違えることが有る、また、処理の関係上テンポ感がおかしくなることが有る点です。

これも必ず最後は標準ピッチで確認をしましょう。

使っているプレイヤー

WPAK32はMIO.Hさん作の便利な耳コピ用プレイヤーです。私の環境では時々フリーズしたりしますし、他にも機能的に優秀な耳コピ用プレイヤーがありますが、1/2再生時の補完が最も聴きやすいと感じたので使用しています。

現在は公式サイトが消滅しており、ShakeさんのサイトWPAK32紹介、よりダウンロードできます。機能の説明も必見です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。