Google Updaterがユーザープロファイルをロックしてしまう

Google Updaterをインストールし、ユーザーの切り替えをすると、新たにログインしたユーザーのntuser.datがロックされ、一時プロファイルでしかログインできなくなることがあります。

Windows 7で問題の発生を確認しました。Windows XPでは発生しないようです。

解決するにはGoogle updaterをアンインストールします。いつものことながら、誤って入力すると、システムが起動しなくなる恐れがあります。

  1. コントロールパネル→プログラムと機能を開く
  2. Google updaterを削除
  3. コントロールパネル→管理ツール→タスクスケジューラを開く
  4. 2つあるGoogle Updaterと書かれたタスクを削除します
  5. 管理者権限でコマンドプロンプトを開きます。
  6. sc.exe delete gupdateと入力
  7. sc.exe delete gupdatemと入力
  8. これでサービスが削除できました
  9. お好みで%ProgramFiles%\Google\updateを削除します。

以上でGoogle updaterを綺麗に削除することができるはずです。今の所、一時プロファイルを使用せずログオンすることができています。

Google updaterはGoogleパックからインストールした場合にインストールされます。Google Chromeのサイトからダウンロードしたものは、Google Chrome単体でインストールされます。

しかし、単体でインストールした場合、Program Filesにインストールされません。すなわち、各ユーザーの%LocalAppData%以下にインストールされます。すなわち、セキュリティ更新などの際、ユーザーごとにアップデートする必要があるということです。また、ユーザー一人につき、約200MBのGoogle Chrome本体の容量が消費されます。

参考サイト

イベントログ

————————————————–
エラー 2011/**/** **:**:** User Profile Service 1508 なし
レジストリを読み込めませんでした。メモリが不足しているか、セキュリティの権限が不足している可能性があります。
詳細 – プロセスはファイルにアクセスできません。別のプロセスが使用中です。
– C:\Users\***\ntuser.dat
————————————————–
エラー 2011/**/** **:**:** User Profile Service 1502 なし
ローカルに格納されているプロファイルを読み込めません。セキュリティの権限が不足しているか、ローカル プロファイルが壊れている可能性があります。
詳細 – プロセスはファイルにアクセスできません。別のプロセスが使用中です。
————————————————–
エラー 2011/**/** **:**:** User Profile Service 1515 なし
このユーザー プロファイルのバックアップを作成しました。次回このユーザーがログオンするときには、バックアップされたプロファイルを使います。
————————————————–
エラー 2011/**/** **:**:** User Profile Service 1511 なし
ローカルのプロファイルが見つかりません。一時プロファイルでログオンしています。このプロファイルへの変更はログオフ時に失われます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。