Google ChromeでAdobe Readerを使用する

Google Chomeには、PDFリーダーが内蔵されています。しかし、表示が崩れる場合などがあるため、Adobe Readerを使用したい場合があります。

Google Chrome about:plugins

  1. Google Chromeのアドレスバーにabout:pluginsと入力→Enter
  2. その中にあるAdobe Acrobatの有効にするをクリック
  3. クリック時、自動的にChrome PDF Viewer(内蔵PDFリーダー)が無効になります

副作用として、印刷プレビューが表示出来なくなります。プレビューが重い場合は、逆に利用できるかもしれません。

chrome_pdf_printpreview

これで、Adobe Readerが起動するようになります。元に戻したい場合は、Chrome PDF Viewerを有効にすればOKです。

内蔵のPDFリーダーを無効にする方法は、about:pluginsから無効にする方法と、”–disable-print-preview”の引数をつけて起動する方法の2種類があります。

引数を付ける方法では、関連付けした際、外部アプリケーションから起動された場合に、内蔵PDFリーダーを無効にすることができません。(レジストリを書き換えれば可能です)

また、アップデート時にデフォルトに書き換えられる可能性があるので、about:pluginsを使った方法がよいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。