ディスクの管理の「パーティションをアクティブとしてマーク」が使えない時はdiskpartを使う

通常、「コンピューターの管理→ディスクの管理」よりUSBメモリのパーティションを右クリックし「パーティションをアクティブとしてマーク」すると、アクティブ化できます。

しかし、なぜかグレーアウトされており、アクティブ化できなかったので、diskpartを使って以下の手順でアクティブ化しました。通常は、何もしなくてもアクティブになるようですが、なぜかできない場合があり、その場合はDiskpartを使うしかないようです。

注意として、以下の方法はWindows XPでは上手くいかないことがあるようです。

また、途中で番号を間違うと、別のディスクをアクティブにしてしまうので、慎重に入力します。

  1. スタートメニュー→ファイル名を指定して実行をクリック
  2. diskpartと入力する。管理者権限を求められたら「はい」を選択する
  3. DISKPART >と表示されている後にlist volumeと入力する
  4. 表示された中から容量等を参考にUSBメモリを探します
  5. USBメモリのVolume番号を覚えます
  6. この画像の例の場合、select volume 9と入力。
  7. DISKPART >と表示されている後にactiveと入力する

参考:Diskpart コマンドライン ユーティリティについて
参考:いなかみ雑記帳 | USBメモリから起動するには

diskpartでパーティションをアクティブ化するときの一例

Windows 7 USB DVD Download Toolを利用して、ブート可能なインストール用USBメモリを作る際、どうやってもエラーが出てしまう事から気が付きました。

01/05/2011 17:53:27: Devices initialized, Ready
01/05/2011 17:53:33: Devices initialized, Ready
01/05/2011 17:53:33: Drive selected, N:\; Ready
01/05/2011 17:53:33: Backup started
01/05/2011 17:54:02: Error during backup., Usb; Unable to set active partition. Return code 87.

エラーログの最終行の通り、USBメモリに作られたパーティションがアクティブになっていなかったのが原因です。

ちなみに2度目からはフォーマットしたとしても、自動でアクティブパーティションと認識されるようになりました。(その為、画像が用意できませんでした……)

まだまだ少数派とはいえ、小型ノートPCで光学ドライブが付いていない場合も出てきましたので、こういった例もあると言うのは覚えておくと良いと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。