5Cケーブルを使う場合、直付け型の分配器に注意

問題となる分配器の例

画像を見ていただければ全てが分かると思いますが、補足説明。

左側の製品は、芯線を固定する部分のミゾが3Cケーブルに合わせてほられています。
その為、芯線の太い5Cケーブルを使うと、ミゾが合わず圧着が不十分になることがあるようです。
どれだけキッチリとネジを締めてもガタつく事があります。
地上デジタル放送でブロックノイズが出たり出なかったりする時に、原因になっていた事例がありました。

右側の製品は挟み込んで圧着する仕様です。
その為、芯線の太さに関わらず、挟み込めさえすれば圧着が問題になることがありません。

もちろん、ノイズ耐性や確実な固定を考慮すると、直付けの分配器を使わず、F型接栓の分配器を使うと良いようです。

BS放送受信システムから携帯電話への干渉を防止するために [PDF]

BS/110度CS放送受信システムを設置する場合、屋外に設置する機器(ブースタ・分配器等)はF型接栓(コネクタ)タイプのものをお勧めします。(図3)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。