Windows VistaでCool'n'Quiet (CnQ)が使えないときの確認ポイント

Windows VistaではCool’n’Quietは標準でサポートされており、ドライバのインストールなど、特別な設定なく使えるようになっています。

しかしながら、なぜだか上手くいかない時の注意点をいくつか。

  • コントロールパネル→電源オプション→任意のプランにチェック(私は省電力にしました)→プラン設定の変更→詳細な電源設定の変更→プロセッサの電源管理→最小のプロセッサの状態。これが25%以下になっているか。
  • AMD(ATI)系のチップセット、グラフィックボードを使っている方は、上記の設定をしてもなぜか戻ってしまうので、管理ツール→サービスの中からAti External Event Utilityのスタートアップの種類を無効に。その後上記の電源設定をもう一度。
  • そもそもBIOSで無効になっていないか。

「最小のプロセッサの状態」を変更しても動かないときは「最大のプロセッサの状態」を一度変更し、適用した後、100%に戻すなどすると上手くいくことがあります。このあたりの挙動は意味不明です。

Ati External Event Utilityに関してはおそらくドライバ関係の不具合だと思います。Catalyst8.7にて確認しています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。