ピッチ変化を含む旋律の採譜と入力のポイント

  • 到達音、開始音のどちらかは確実に採譜する
  • リニアに伸びているか対数に伸びているかなど、特徴を把握する
  • 出来るだけ調性外の音を、開始音、到達音にしない
  • 開始音、到達音は少し長めに
  • 場合によっては軽くフェードアウトさせるのも効果的

ピッチベンドの幅(Pitch Bend Sensitivity)を16に設定しておくと、半音のピッチベンドが「8192/16=512」となり割り切れるため計算しやすいのでオススメです。 Cherryのコントロールウィンドウで直接描く場合は、縦幅1あたりピッチベンド128と覚えておくと描き易いです。

また、Cherryの曲線/直線のインターバルはデフォルトでは48であり、目が粗く違和感を感じるため20程度に設定します。それ以上細かくすると演奏がモタる可能性があります。

ピッチベンドの幅 計算式 半音あたりのピッチベンド量
24 8192/24 341.3333….
16 8192/16 512
8 8192/8 1024
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。